フットボールネーション(12)

大武ユキ / ビッグスペリオール
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.8
3
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • しょう

    しょう

    足指をしっかりと使えるようにならないと、怪我をするリスクも上がる。
    決勝キックオフ。迅が吹っ切れてくれるのか。

    投稿日:2020.02.24

  • clamamus

    clamamus

     12巻では、いよいよ天皇杯決勝が始まり、沖と一ノ瀬の対決が始まっている。
     とはいえ、本作の主軸はあくまでフィジカル面や認知の面でのサッカー強化であり、その点で言えば今回は姿勢や走り方に焦点が当てられている。
     いわゆるスぺ体質と言われるような、故障しがちなタイプの一例として横浜ユナイテッドの選手が負傷交代を余儀なくされている一方、身体の使い方で成長著しいCB玉城にスポットを当てている巻である。
     つま先から下りることを基本にした内容は当たり前のようにも思えるが、当たり前になっていないのが実状なのだろう。

     元日決戦の模様は、東クルが好機を迎えたところで引きとなっている。
     連載の都合上、次は気長に待つしかないが、どのような決着を迎えるのかにも期待して待ちたいところだ。
    続きを読む

    投稿日:2018.08.08

  • saga-ref

    saga-ref

    再び「足ゆび」についての長い(笑)説明が入る。読んだ後は、500ml缶潰しを意識して歩いている自分がいた! 現存しない国立競技場、時は元旦、天皇杯決勝に進み、J1覇者と対戦する東クルに惹き込まれる。

    投稿日:2018.07.04

  • まいつき

    まいつき

    始まりました天皇杯決勝。
    ここで勝つことで、日本がフットボールネーションになる道筋を示す。東京クルセイドの壮大な実験が完結します。

    「足の速い動物はつま先立ち」のセリフ。
    すごくシンプルに納得できました。馬はそれが行き過ぎて指先立ちだものなぁ。続きを読む

    投稿日:2018.06.18

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。