つらい記憶がなくなる日

榎本博明 / 主婦の友新書
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • machinobu

    machinobu

    過去は変えられる。
    例え、過去の事実は変えられなくとも、
    その意味づけは、変えられる。

    過去に向き合い、無視するのではなく、
    自分の中で、きちんと整理する。

    未来の為に過去はあります。
    とても前向きになれる本です。続きを読む

    投稿日:2016.02.06

  • まーちゃん

    まーちゃん

    淋しい人生から脱する手は、自分の過去を書き換えるとある。過去は変えられるとの事で、過去は客観的な事実ではなく、あくまで主観的な意味づけである。確かにこのことは当たり前だが、過去の主観的な意味づけによって、苦しくなっている場合もあっただろう。

    親子関係が不安定なアダルトチルドレンは、自分の不遇を生い立ちのせいにすることで、ネガティブは過去を固定してしまう。そうではなく、不遇の時代を生きたからこそ、今こうして自立しているとポジティブな考えが、より良い人生を作っていく。

    上記2点が強く印象に残った。心理学的な本をかみ締めて読んだのは久しぶりである。心理学というと難しく感じるが、この本は簡単な事例を挙げてわかりやすく解説している。
    続きを読む

    投稿日:2011.07.11

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。