花とアリス殺人事件

乙一, 岩井俊二 / 小学館文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
1
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • greenflash

    greenflash

    これまでもそうだったが
    やはり脚本から生まれた小説は
    映像の枷に身動きを縛られるらしい。

    さほど心動くこともなく読了。

    投稿日:2019.12.23

  • あきら

    あきら

    映画、あることすら知りません!前日譚なのかな?読み終わってだいぶ経ったのであらすじを忘れてしまったが、明るく独特のものの見方ができる少女と、思い込みが激しいが愛情深い少女が出会い、ある「殺人事件」の事実を解明しようとするお話。だった気がする。

    乙一の文体に浸りたくて読んだからかもしれないけれど、いまいち不完全燃焼感があり残念。これから映画につながるんでしょうか?時間があったらまたみてみます。

    女の子の現実と、その中で夢見がちな価値観を味わいたいときにオススメ。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.20

  • kazuhisachiba

    kazuhisachiba

    ガールミーツガールであり自分見つけである.決してネガティブな,嫌な気持ちにはさせず,青春の一頁を切り取り,読了後もその後を欲する気持ちを起こさせる.

    投稿日:2018.05.21

  • be-san

    be-san

    岩井俊二監督の映画を原作にしたノベライズ作品。
    映画の初項と決定稿と、乙一のオリジナルのブレンドで、
    映画とはまた別の作品として仕上がっている。と思う(^ ^;
    済みません、映画の方は見てないので(^ ^;

    登場人物が、みな濃ゆい(^ ^;
    主人公も、クラスメイトも、親も(^ ^;

    親の離婚で転校して来た中学生が主人公。
    クラスでは、何故か皆から距離を置かれてしまう。
    いじめっ子やら、クラスを支配する謎のオカルト少女やら、
    隣家からずっと覗いてくる引きこもり少女やら、
    四クセも五クセもある連中に囲まれてもがいている間に、
    徐々に全貌が見えてくる「学校で起きた事件」。

    その事件の謎を暴き、引きこもり少女を救うべく
    行動を起こす主人公アリス。
    が、所詮は中学生だし、解決の「手法」が
    びっくりするほどもどかしい(^ ^;
    肝心なところで大ドジかましたりするし(^ ^;

    結論から言うと、トラブルは解決し、
    引きこもりも学校に戻ってくるし、
    アリスも自分の居場所をきちんと手に入れるし(^ ^

    これは原作映画があるから、なのかも知れませんが、
    全体を通して文章が非常に「映像的」な印象。
    その分、読み物としてだけ捉えてみると、
    ストーリーの「ひねり」が今ひとつか(^ ^;

    乙一氏がゼロから書いた作品だったら、
    もう二ひねりくらいぶち込んでくるかな、と(^ ^;
    その分、星一つ減(^ ^;
    続きを読む

    投稿日:2018.05.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。