囚愛 籠のなかの花嫁

沢城利穂, すがはらりゅう / ティアラ文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    時代や場所は違っていても、昔に会っていて大きくなってから再会、でも再会した相手は冷たいって感じが、この前に読んでいた「初蕾」とよく似た設定かなあって思いましたけど、「初蕾」の彰久よりは、まだ黎明の方がよかったかな。

    翠蘭が連れ去られて取り戻しにきたけど、間に合わず、翠蘭がやられちゃったあとの黎明の態度とかは、あ、やっぱり翠蘭のこと好きだったのねって思えました。

    ただ、やっぱり男性側の気持ちが書かれていることが少ないです。最後にはなんで黎明がキスしなかったかとか、脱がなかったかの理由は書かれてましたけど、途中で黎明側の気持ちが分かったら、もっと違ってくるのになあって思いました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.04.14

  • budousyuhaaka

    budousyuhaaka

    借金のカタとして妓楼に売られた翠蘭。初恋の人、黎明に捧げるためずっと貞操を守っていたのに――。慰み物にされると震える中、現れた妓楼の主人はなんと黎明!再会を喜ぶ間もなく「お前は俺の専属妓女だ」と宣言され、調教を受ける日々。緊縛、筆責め……。快感に導かれるも感じられない愛。優しかった彼は変わってしまった?でも黎明はかつて交わした結婚の約束を覚えていて……。続きを読む

    投稿日:2012.02.12

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。