【感想】“しくじり”から学ぶ世界史

宇山卓栄 / 知的生きかた文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 出雲一寸

    出雲一寸

    読書録「“しくじり”から学ぶ世界史」3

    著者 宇山卓栄
    出版 三笠書房

    p130より引用
    “ 油断ならないのは、日頃キレイごとを並
    べながら、悪どい裏切りを平気で行う人間で
    す。概してキレイごとを言う人間はそもそも
    偽善者であり、危機に陥ると自分は真っ先に
    逃げ、責任を人に押し付けようとします。”

    目次より抜粋引用
    “プライド高すぎ&慢心でしくじった!
     お金でしくじった!
     裏切りでしくじった!
     色恋でしくじった!
     思想・信念でしくじった!”

     予備校講師を経て個人投資家・作家となっ
    た著者による、偉人たちの失敗について記し
    た一冊。
     紀元前の武将から近現代の政治家まで、本
    人へのインタビューという形の後に歴史的な
    解説を付けて書かれています。

     上記の引用は、幕間のコラムでの一節。
    裏切りで痛い目にあった偉人達について書か
    れた後のコラム。コラムの最後に、“憎まれ
    口を叩くくらいの人の方が信用に値するもの
    です。”とも書かれていますが、どうでしょ
    うか?どちらにしても、極端な考え方や言行
    の人とは、慎重に付き合うのが良さそうです。
     人の振り見て我が振り直せ、と言う諺もあ
    るので、歴史上の失敗には学ぶところも多い
    のではないでしょうか。何か物事がうまくいっ
    ているときに、用心のために読み返すような
    使い方をすると、気持ちの引き締めになるか
    もしれません。

    ーーーーー
    続きを読む

    投稿日:2019.07.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。