花嫁はランの花に抱かれて(ベルベット文庫)

レノーラ・ベル, 旦紀子 / ベルベット文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • hayasick0103

    hayasick0103

    インドの古い文献を翻訳し、インドへ戻しに行く事を使命としているアリス。その為に数々の結婚話を潰してきたが、父が賭博の形で獲得した侯爵ニックを連れてきた。放蕩者のニックを嫌うが、自分の使命に協力するというニックと便宜結婚することに。ニックもまた、先祖代々の病を恐れ放蕩三昧の人生を送るつもりだった。アリスを尊敬し、たちまち恋に落ちるニック。放蕩者の陰に隠されたニックの本質に気づき愛してしまうアリス。人生の目標に邪魔な愛情を否定する2人がたどり着くラストとは…「前へ進むんだ、えくぼちゃん。前進し、世界を征服しろ。」このヒーロー、大好き!ベスト5入り♡「えくぼちゃん」には絶対やられちゃうよね。すごく印象に残る素敵なラストだった!シリーズ3作中で一番おもしろかった!続きを読む

    投稿日:2018.11.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。