生きている会社、死んでいる会社―「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則

遠藤功 / 東洋経済新報社
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
2
3
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • layefferinre

    layefferinre

    当たり前のことをきっちりまとめてくれている。代謝のためには、やめることが大事、という、なかなか自分の職場で実施できない点を明快に言われると、さて、どうするか、という思いに捉われるが、できるところから進めていくしかないな。ただ、やはり経営者がしっかり意識してくれないとスピード感という観点ではどうしても遅くなる。問題だ。続きを読む

    投稿日:2019.11.23

  • ストーリー戦略コンサルタント【芝蘭友】

    ストーリー戦略コンサルタント【芝蘭友】

    『生きている会社、死んでいる会社ー「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則』(遠藤功著/東洋経済新報社)vol.447
    http://shirayu.com/blog/topstory/strategy/6774.html続きを読む

    投稿日:2018.12.20

  • paintbox

    paintbox

    会社という組織で働いている大人なら、当たり前に気づいている、「こんな組織はだめだ」という内容が「死んでいる」という例えで、わかりやすくはっきりと書かれている。
    この本にある「生きている会社」はほとんど見たことがないが、「死んでいる会社」は取引先や現在、過去在籍していた会社含め、多数心当たりがある。
    著者自身も書いているが、目新しい内容は一切ない。しかし、自分の労働環境をもう一度見直すために読む価値がある内容だった。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.14

  • koji

    koji

    耳が痛い表現がたくさん。新陳代謝をどのように動かし、生かしつづけるか。当たり前のことばかりではあるが、凡事徹底。非凡なレベルまで高めることの大切さを改めて知った。

    投稿日:2018.10.14

  • komoda

    komoda

    DEAD OR ALIVE
    https://store.toyokeizai.net/books/9784492557846/

    投稿日:2018.09.12

  • katak

    katak

    このレビューはネタバレを含みます

    本当に大切なのは創造ではなく代謝。
    新しいものは衝突から生まれる。
    会社は
     経済体・共同体・生命体・・・人をど真ん中に置く

    「熱」・・・老化とともに失う
      共有から共感へ
      原点に戻る
      新たな理想
    「理」戦略レベルと実行レベル
    「情」一人一人の心

    三菱電機:強いものを強く
    中外製薬:中期戦略提携
    SOMPO:代謝
    良品計画:合理的実行
    東レ:スピード
    デンソー:ナレッジワーカーの現場力
    赤城産業:言える化(聴ける化)
    アキレス:課長の気づき

    VUCAアンストラクチャー状況下のケイパビリティ
     スピード
     チームワーク
     対応力
     徹底力
     粘り

    ミドルアップ・ミドルダウン

    経営者
     Agitator
     Compass
     Conductor
     Producer

    不完全なリーダーの魅力

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.06.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。