はてなの花

河内遙 / コーラス
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
5
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • あさだん

    あさだん

    レス夫婦とか夢ではないよな……



    いっしょに居たいコトと痛いコト

    買ったばかりの おもちゃを手にした
    こどもみたいに 夢中になって
    ひっくりかえって 笑ってた
    でも おもちゃもいつかは飽きるのよね

    脱衣場って すきだわ
    みんなして 無防備で のどか
    女の線は しなやかで見飽きない

    続きを読む

    投稿日:2018.06.29

  • rikka-378

    rikka-378

    セックスレスの夫婦のお話。女王様とのSMにはまる旦那、彼の被虐心を満たそうと奔走する妻、そしてそんな妻を好きになる女王様と、女性二人にしか見えていない昔の少女マンガの主人公。全員が全員純粋で、どこか不思議でどこか寂しい、でもとても愛おしい作品です。続きを読む

    投稿日:2012.11.02

  • いまむら

    いまむら

    トイレに閉じ込められるくだりが好き。
    恋愛と性欲は必ずしもイコールではないけれどノットイコールとも言いきれないというパラドックスに焦れつつ、惹かれてしまう。これはあともう1冊分ぐらい引っ張って描くべき話だったと思うけどなあ。もったいないなあ。続きを読む

    投稿日:2011.04.08

  • F

    F

    SMにはまる夫と夫の秘密をしらずセックスレスに悩む妻、そして妻に片思いするSM女王の三角関係をえがく。基本は夫婦間の性のはなしなのだけれど、後生大事に妻がとっておいた少女漫画誌の付録「なのかちゃん」の着せ替え人形が、ぺらぺらの紙ながら意志をもってしゃべりだすという、必要あるんだかないんだかよくわからない設定が付加されていて、そのためか、装丁がりぼんマスコットコミックスのパロディになっている。SMとセックスレスと少女漫画の融合。あたらしいのかもしれないがだからなんだともおもう。「ケーキを買いに」がおもしろかったので、この著者のコミックスをまとめ買いした、というのはすでに書いたが、何冊か読みすすめるうちに、そもそも性とか愛とかどうでもいいと気づいてしまった。おれは単にあのぽっちゃり娘を侮蔑しつつ欲情するどうしようもないメガネに萌えたってだけなのだ。だからほかの漫画はどれもいまいちピンとこなかった。「はてなの花」も「オーミ先生の微熱」も「へび苺の缶詰」も「チルヒ」も、性と愛と恋まわりの物語だったからだ。なので「関根くんの恋」以外はもう買わないだろう。続きを読む

    投稿日:2010.11.27

  • nana-o

    nana-o

    読み終わって表紙の意味を知る
    地味に「ごどっこ どっこ どっこ」っていう擬音が上手いなあと思った。そうそうこんな音するよね洗濯機。個人的にはマホさんの恋が少しでも報われたらいいなと思う。(無理そうだけども)続きを読む

    投稿日:2010.07.03

  • niyaha

    niyaha

    情けない男の人がでてきます。強いけど勝ち目のない恋をする女王様もでてきます。歪で滑稽で愛情があって寂しくなる。

    投稿日:2010.06.16

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。