9.11後の現代史

酒井啓子 / 講談社現代新書
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
2
4
2
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • Procyon

    Procyon

    ‬ なんとなく知っていた中東の知識を再整理できた一冊だった。新書ではあるが、現在の中東情勢に繋がる主な問題をしっかりと取り上げていた良書。
     特にISを「過去の紛争のつけ」と位置づけ、今後もその「つけ」を払わない限り、同様のことは起こり続ける危険性があるというのが印象的だった。
     それに今まで目をあまり向けてこなかったサウジも中東における大きな影響力を持つアクターであり、より注目したいと思った。
     しかし、この一冊で知れたのは複雑な要因のほんの一部なので、より専門的な本を読み進めていきたい。
    続きを読む

    投稿日:2020.04.14

  • とし長

    とし長

    ちょうどこの本を読み終えた時期に、アメリカのトランプ大統領がイランの司令官を殺害したというニュースが報道されました。タイムリーだなあ、と思いつつも、こういうタイミングは合わなくていいのに、とも思ったり

    本書の内容は主に中東と欧米、特にアメリカとの関係を考察していきます。構成として工夫されていたと感じたのは、イスラム国といった最近の話題から遡って、イラク戦争、9.11と話をつなげていくこと。そこでまずイスラム過激派の潮流を追った後、アラブの春と視野を中東全体に広げ、中東全体の様子とアメリカの中東政策を俯瞰し、最後にパレスチナの話になります。

    イスラム国という最近の衝撃的なトピックから入るので、話が想像しやすく、そこから自然に各章に入っていけたように思います。文章や内容も平易に書かれているように感じたので、内容としてはだいぶ読みやすかったです。

    印象的な話としては、犠牲者が多様化した世界ということと、恣意的に他者が決められる時代ということ。

    歴史的に中東の各国や民族は、欧米の列強支配や、領土の分割、そしてイスラエルをめぐる問題と、被害者意識が育まれる余地は多分にありました。それが近年、アメリカの対テロ戦争や、アラブの春で起こった中東各国でのデモや革命で、その犠牲や被害者像というのは、より多様化しています。

    アメリカをはじめとした欧米各国への怒り。権力をほしいがままにする権力者への怒り。それは自分たちの現在の境遇への怒りや不満であり、被害者意識でもあります。これまでの欧米列強の政策の限界、そして中東各国の独占的な政治体制の限界、それが一時に吹き出しつつあるのが、現在の中東の混乱なのかもしれません。

    そして現代はグローバル化や情報化により、他者はより身近になっています。しかし、その他者に対しての不寛容さが表われていると著者はしています。

    近年の移民や難民問題もそうだし、中東のデモや革命、シリア内戦は、体制と反体制派がお互いに歩み寄りを示そうとせず、そして日本でもヘイトスピーチなど他者に対する不寛容の芽は確かに存在しています。

    そして、他者が身近になったにも関わらず、自分たちが手に入れる他者の情報は正しいとは言い切れません。トランプ大統領はメキシコの不法移民はレイプ犯だと発言し、ヘイトスピーチでは在日朝鮮人の人たちをゴキブリ呼ばわりする。

    こうした状況では、権力者や声の大きい人や組織の恣意的な他者の認識が、いつの間にか世間の共通認識になり得ます。その先にあるのは、ナチスのホロコーストというのも、決して想像が飛躍しすぎということはないでしょう。

    結局のところ人間の理性は、グローバル化や情報化に追いつけていないのかも、とも思います。そしてそれは自分自身も例外とは言えません。日本が本格的に移民を受け入れ始めたら自分は、その人たちにどのような感情を抱くのか、正直そのときになるまで予想ができません。

    恣意的な他者認識は想像の中でどんどん広がり、それはやがて宗教や人種関係なく、自分とは少しでも考え方の違う人を排除する、というところにまで行き着く可能性すらあります。

    そして、それは得てして自分の現在の境遇に対しての不満から来るものでもあります。移民に仕事を取られたと考える人々、在日朝鮮人は特権を与えられていると考える人々。その裏返しは、現在の自分の経済状況や生活環境への不満でもあります。

    だからこそ今の自分たちは、理性を働かせる人間らしさをたぶん死ぬまで求め続けなければならないのだろうな、と思います。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.19

  • shimu2

    shimu2

    【「犠牲者として貶められ続けた」という記憶――。その積み重ねが中東各地で,テロであれ紛争であれ,さまざまな暴力事件を起こす要因になる】(文中より引用)

    ISの台頭や「アラブの春」,そしてイラク戦争から中東和平問題に至るまで,2000年代に入ってからの中東情勢の動きをテーマ別にまとめた作品。引っ切りなしの変化に見舞われた様子を概観しながら,その諸問題の淵源に迫っていきます。著者は、在イラク日本大使館に出向経験を持つ酒井啓子。

    わずか20年弱の間にこうも怒濤のように出来事が相次いだのかと改めて痛感すると同時に,その怒濤の変化をここまでわかりやすくまとめることができるのかと驚かされた一冊でした。断片的に中東の報道については目にするものの,それを一連の流れとして捉え直したいと考えている方にはオススメできる作品です。

    中東についてバランスの取れた記述をするというのは本当に難しい☆5つ
    続きを読む

    投稿日:2019.09.27

  • yasz

    yasz

    明日、新しい時代である「令和」を迎えるにあたり、部屋の片隅に読みかけとして置かれていた本を一斉に整理することにしました。恐らく読み終えたら、面白いポイントが多く見つかると思いますが、現在読んでいる本も多くある中で、このような決断を致しました。

    星一つとしているのは、私が読了できなかったという目印であり、内容とは関係ないことをお断りしておきます。令和のどこかで再会できることを祈念しつつ、この本を登録させていただきます。

    平成31年4月30日(平成大晦日)作成
    続きを読む

    投稿日:2019.04.30

  • mamo

    mamo

    9.11以降の現代史。

    といっても、現代史全般ではなく、中東、そしてアメリカと中東との関係を中心とした現代史。

    面白いのは、年代順の記述ではなくて、まずイスラム国の話があって、その原因としてのイラク戦争、その原因としての911とその背景と、現代を理解するために時代を遡るかたちで書かれていること。

    また、アラブの春とその後の残念な展開、一見、イスラム内の宗派対立にみえるものの背景にある現実的な政治的な利害対立、そして、その原因にある旧宗主国の密約、ダブルスタンダード、二枚舌。。。。

    中東問題のそもそもの根っこだと思われていたパレスチナ問題も、問題の発端ではあっても、いまや問題の後景でしかないという状況。。。。

    あ〜、だから、トランプが「大使館をエルサレムに移す」というとんでもないことを言っても、そこそこ批判されても、そこまで大問題にならないんだ〜、と納得。

    著者もホッブスのリバイアサンの世界みたいだと書いているのだが、まさにそんな感じだな〜。

    「リアル・ポリティクス」

    久しぶりにそんな言葉を思い出した。。。。

    他者との相互理解みたいなところから、不寛容で、単純な敵か、味方かの世界になっていくなんともいえない悲しさがある。

    「現実の複雑性」がみえても、解決策(レバレッジポイント)がかならずしも見えるわけではない。

    この不寛容な世界への流れを変えるに、どんな希望が可能なんだろうか?
    続きを読む

    投稿日:2019.03.08

  • mokunokami

    mokunokami

     「9・11」以後の中近東をめぐる国際関係・政治構造の変化を実態に即して明らかにし、なぜこの地域で武力紛争やテロが横行するようになったか明快な回答を示している。「イスラム教の宗派対立」に還元する通俗的な枠組みを排し、あくまでミクロな政治対立の連鎖が多元化・複雑化して、中近東の政治に混乱と混沌をもたらしているとみなす。アメリカの場当たり的な介入・関与、特にイラク戦争の強行が決定的な岐路であったことがわかる。シリア内戦以降、従来中近東の最大の政治課題だったパレスチナ問題が後景に追いやられ、アラブ対イスラエルの対抗軸が事実上崩壊したという指摘は重要で、政治思想・宗教やイデオロギー、あるいは歴史的利害関係よりも、何を当面の「敵」「他者」とみなすかが、国家を含む境界的権力の性格や外交を規定しているという問題は、中近東特有の問題ではなく決して他人事ではないだろう。続きを読む

    投稿日:2018.09.21

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。