一人で歩いていった猫

大原 まり子 / ハヤカワ文庫JA
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
2
3
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • hamaguris

    hamaguris

    家の中で発掘したので久しぶりに読了。収録の4編ともひとつの話として綺麗にまとまっているのだろうけど、未来史シリーズを一通り知った後で読むとまた格別だと思う。個人的にはリヴィング・インサイド・ユア・ラヴが好き。
    シノハラ家の物語を知るにつれ、マオの存在感が増すと思う。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.13

  • やっ

    やっ

    超能力者、異星人、星間戦争、種族の興亡、平行世界、タイムパラドックス、数千年数万年に及ぶ壮大な歴史…。この過剰なまでのSF性は癖になる。

    投稿日:2011.01.26

  • ちさ

    ちさ

    本編は勿論好きだけど、表紙の加藤直之の絵が好き。
    中学生の頃、授業中に読んでて泣きそうになってこまったな〜。

    投稿日:2010.01.27

  • ナオ

    ナオ

    短編集 直立二足歩行の天使猫
    竜そっくりのラジェンドラ人。
    新しい才能現る! と期待した記憶があります。

    投稿日:2006.09.08

  • さとp

    さとp

    S.60.11.8 読了。
    大原まり子氏のデヴュー作。
    登場人物も魅力的だったし、引き込まれた。個人的には「親殺し」が好き。

    投稿日:2006.07.07

  • アキ

    アキ

    大原まり子の基本。中学生だった頃、夢中になって読んだ。異星人と地球。天使猫。銀色の翼。嗚呼。こんな世界を創作できる作家は、当時からの憧れでした。日本SFの基本。ぜひ読むべき。

    投稿日:2006.01.14

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。