東京カフェ散歩――観光と日常

川口葉子 / 祥伝社黄金文庫
(13件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
2
7
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 23242324

    23242324

    鎌倉に続いて2冊目の川口葉子さんのカフェ本。相変わらずの文章力に唸ります。
    これはカフェのガイドブックではなく、紹介されている店の歴史やオーナーの志を紡ぐ書籍です。
    フルカラーで展開される写真も、流行のインスタ映えのような綺麗に飾り立てたものではなく、素朴な内装や小物、スタッフの表情だったりして、違った意味での美しさを感じます。
    取材の為に一度や二度ふらりと立ち寄っただけでは表現できない、店への愛を感じます。
    川口さんが紹介するカフェは、流行ではない時代の流れを感じに訪れたい店ばかりです。
    続きを読む

    投稿日:2019.06.11

  • あわたろう

    あわたろう

    写真と装丁、デザインは素敵だが、文章がイマイチ。たとえばアートイベントを催すカフェで「言葉の片鱗に触れるだけでも、体内でDNAが二重螺旋の竪琴を弾きだすような妄想が膨らむ」というのは書く側の表現過多で、実体が見えない。「billsのパンケーキには幸福な気配がある」「もっと自由に、もっと楽しく。そんな気分が漂うこの豊かな空間にはあらゆる人種が共存していて……」などなどの書き手の大げさで、はっきり言って陳腐な表現は、カフェという気安い空間の魅力が伝わらない悪文と言える。店によってはオーナーの話を挟んだり、もっとストレートに良さを伝えている文もあるので、一冊にまとめるには編集者のアドバイスがもう少し必要だったのではないか。
    本を手にとったときの心地良さが、読んでいくと鼻につく過剰な表現に脱力していく、ある意味変わった読書体験。
    続きを読む

    投稿日:2016.11.16

  • リコル

    リコル

    カフェの紹介本ですが、エッセイのような、素敵な物語のような雰囲気をもっています。店内の描写が美しく、そこで働く人のストーリーまで踏み込んだ一冊。
    カフェって、ただお茶を飲むだけの場所じゃないんですよね

    文庫本サイズというのも、持ち歩きに便利で画期的だと思いました。
    続きを読む

    投稿日:2015.04.02

  • 犬吠埼ホエル

    犬吠埼ホエル

    パラパラとページを捲るだけでも嬉しくなってくる。
    歴史を感じさせる純喫茶やおしゃれなお店など、紹介されていているお店には一度は足を運びたくなる一冊。

    投稿日:2015.02.18

  • べに

    べに

    すばらしい読みごたえ。
    東京のカフェの歴史まで知ることができる、今わたしが本当に読みたかったカフェ本でした。
    文章も写真も装丁もうつくしい。

    投稿日:2014.12.16

  • orcaorca

    orcaorca

    ひところのように「東京カフェマニア」のサイトチェックをしてカフェや喫茶店に行く、ということをやらなくなったけど、こうして久しぶりに新たな店、変わらない店をずらり並べてみてみると、行ってみたいところだらけ。刊行はほんの一年前なのに、その間にAnnon cookは移転してしまったし、行きたいところには「そのうち…」じゃなくて足を運んでおかないとなぁ。続きを読む

    投稿日:2013.11.16

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。