彼女に合わせる顔が無い 1

磐秋ハル / となりのヤングジャンプ
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 『黒犬』の優樹

    『黒犬』の優樹

    もう、最高すぎて、言葉もない。心が震えた
    ぶっちゃけると、「となりのヤングジャンプ」ではなく、週刊ヤングジャンプ本誌で連載してほしいレベル。ここ最近、本誌の連載陣のレベルも高くなってるけど、十五夜先生や磐秋先生なら、互角に渡り合えると思う
    表紙がアレなので、ホラーかよ、と勘違いされそうだけど、中身はどストレートに、青春真っ盛りな高校生同士のラブコメだ
    主人公・無頭文字は、単に個性の一つに「頭部が無い」ってだけの個性があるだけの、幼馴染み・野山かおりに、淡く甘酸っぱい恋心を持っている、普通(?)の男子高校生だ
    そんな文字と、ヒロインのかおりが一話目で、告白が成功し、カップルになるって展開は個人的にあり。両片思いな二人が、じれったさを醸してくれるのも好きだが、こういう急戦の方がストーリーに合っているのは確か
    文字に頭がないからか、もしくは、基本的に幼馴染みとの距離感がおかしいのか、かおりが躊躇なく、顔を寄せてくるってのもキュンとする。無頭じゃなくたって、男はドキッとさせられちまうぜ
    無頭が、ブルックばりに、ちょいちょい、デュラハン的なジョークをブッ込んでくるのも、実に好い
    基本的に、かおりの方が文字をトキメかせるパターンが多い。なので、時たま、文字が男らしさを見せ、かおりがドキッとする展開が引き立てられており、ラブコメとしての質の高さを感じる
    また、二人が行くデートも、実に高校生らしく、温かな気持ちになれる、読んでいて
    そんなイチャつきすぎな二人の友人、佐藤塩矢、影川夕子のキャラもいい
    定番の展開だと、友人もくっつくもんだ。(2)でどうなっているか、楽しみだな。ギャルゲー好きの塩矢だけど、いざ、生身の恋人が出来たら、何の躊躇いもなく、持っているギャルゲを売り払って、恋人一筋で、浮気はしないだろうな
    ラブコメと言えば、ライバルキャラも欠かせない。この『彼女に合わせる顔が無い』では、不良の焼畑二毛作が、そのポジションを担っている。彼氏がいるってのに諦めきれず、幾度もぶつかってくる根性は中々。何より、彼が毎度、玉砕するたびに、文字とかおりが一層、恋人らしくなるので感謝している
    どの回も砂を吐きそうになるものばかりなので、精神的に不安定な時は読まない方がいい。中でも、特に第10話「無頭くんと風邪」だ。あくまで、個人的な印象だけど、この第10話で、この『彼女に合わせる顔が無い』の人気は、一気に高まったんじゃないだろうか?顔があろうが、なかろうが、風邪で弱ってる時に、彼女が見舞いに来てくれたら、悪化しそうになるのは同じだな
    この台詞を引用に選んだのは、文字の男らしさが顕著だからだ。男なら、惚れた女の前で負けられない。相手が強かろうとも、強気な言葉で己を奮い立たせてこそ男ってもんだ
    続きを読む

    投稿日:2017.08.30

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。