【感想】ねぇ、ママ

池辺葵 / エレガンスイブ
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
3
0
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 本好きの書店員

    本好きの書店員

    いつも刺さったフレーズを書き出しているけど、池辺葵さんの漫画はフレーズというか、作品全体で訴えてくるものがある。

    この作品は母親にフォーカスしているけど、母から見た子、子から見た母、第三者から見た母子が描かれている。

    池辺葵さんの漫画が好きで少しずつ集めている。
    これも読んで良かった!
    続きを読む

    投稿日:2023.05.10

  • おまめ

    おまめ

     色々な人たちと、そのお母さんとのお話の短編集。

     凄く柔らかいタッチの絵で、お話の内容から優しさがフワ〜って出ているのですが、登場人物たちの境遇や状況がけっこうきついお話もあります。
     そう言ったお話も、血の繋がったお母さんや、親代わり、親のような気持ちで接する人と関わることで凄く優しい終わり方になっていて素敵でした。続きを読む

    投稿日:2021.08.30

  • 7do8bu1991

    7do8bu1991

    池辺葵さんの作品『ねぇ、ママ(2017)』を読了。 ずっと気になってた作品。 それと、池辺葵さんの作品は初めて読む。 おいらがお気に入りの話・・・”きらきらと雨”、”夕焼けカーニバル”・・・ ”stand up”は・・・マジで涙した。 傑作。続きを読む

    投稿日:2019.09.12

  • えりこ

    えりこ

    今年の文化庁メディア芸術祭のマンガ部門大賞作品。会場で冒頭のお話だけ読んだときに「あぁなんか今こういうじんわり沁みてく話を心が欲してる気がする…」なんて感じて購入。最近はパソコン使って背景までゴリゴリに描いてる作品ばかり読んでるもんだから、まるで古いアニメーションを見ているようなモッタリした画風がなんだかとても心地良くて。子供を見つめる温かい視線、一方で不在だからこそ際立つその温もり。大人になればなるほど膨らんでいく母親への感謝を、改めて思い返したりしています。続きを読む

    投稿日:2018.06.26

  • シマリス

    シマリス

    2017年 第21回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 大賞受賞作品。おめでとうございます。
    ザザとヤニクの修道院を舞台にしたお話は、同じ著者の「かごめかごめ」でご覧になれます。そちらもオススメ。

    投稿日:2018.03.17

  • senbeiyama

    senbeiyama

    一話ずつ静かに進んでいく物語。
    子を想う母。親を想う子ども。
    どれも切ないのだけど、小さく強さを感じられる。
    魔女のお話が良かったです。

    投稿日:2017.12.02

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。