ロミオとジューリエット

シェイクスピア, 平井正穂 / 岩波文庫
(17件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
3
5
5
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • トグサ

    トグサ

    キャピュレット家


    ジューリエット
    ロミオ

    ロミオが、ティバルトを殺し、追放の身となる。

    投稿日:2018.09.05

  • chizane

    chizane

    このレビューはネタバレを含みます

    2017.12.6読了。登場人物欄の人名が多い割に劇中では名前が出てなかったり、逆に一覧には〇〇の夫人などと書かれているのに劇中では名前が出てきたり、わざわざ口上役や舞台の場所まで表記されたりしてるのは初めてだ。てか口上でストーリーのあらすじどころか結末まで語ってしまうのか!演劇物は小説とは違うのだなぁとしみじみ思う。特に韻を踏んだ言葉遊びは舞台劇ならではだな。あれは耳で聞いた方が面白いのは経験で知っている。にしても隠語の多いこと!純粋な主人公達との対比として描かれていると解説ではあったが、どの時代の何処の場所でも下品な話は受けるのだな。ジュリエット母の言葉でその年頃にはお前という子を生んでいましたとあった。つまり13、14で子を産むのが普通だったのだ。今は出産適齢期が知識としてあるが何故こんなにも早く産む必要があったのだろうか。これは昔の日本にも当てはまることではあるがそれだけ死ぬのも早かったということか。でもこの年齢を考慮すると登場人物達は皆かなり若いんだなぁ。衝撃だったのはロミオが登場時は別の娘にゾッコンだったということだ。この事実だけでこれからの全てに関する事に対して若気の至り感が倍増である。有名なバルコニーの場面は台詞もそのままにちゃんとあった。そして意外だったのがめっちゃ人死がある。読む前は主人公達だけが亡くなるのかと思ってたが彼ら以外に3人死んでる。思ってたより悲劇だった。ジュリエットは特に若気の至り真っしぐらで悲劇に酔ってる感が凄まじい。さらにその酔いしれてる時に乳母が現れるとけろっとするのがいかにもまだウブな子供なんだなというのがわかる。だがなるほど運命、時、死の道化か。悲恋だけでなく弄ばれた2つの命として見るとまさしく悲劇だ。にしてもまともなのはロレンス神父だけか。やっぱ神父様は神に仕えてるだけあってしっかりしてるしすごくお優しいな。叱ってもくれるし必ず手を差し伸べてくれる。終わりは案外あっさりしていたなぁ。解説であった時間のズレは私も感じた。たった一週間程度の物語なのにじれったさすら覚えた。でも物語とは案外そんなものなのかもしれない。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.12.06

  • 芳梅

    芳梅

    若きシェイクスピアが描いた不朽の名作。
    ヴェローナ市を舞台にモンタギュー家とキャピュレット家という啀み合う両家に生まれたロミオとジュリーエット。
    二人は運命に翻弄され、悲劇的な結末を迎える。

    非情な運命とは言え、純情な二人が最終的に一つとなり死んでいく流れは、悲劇ではあるが美しさをも感じた。

    ロミオとジュリーエットの恋愛は一週間弱と短いものだが、舞踏会での接吻、その夜のバルコニー・シーン、翌日のキャピュレット家庭園での別れという二人の詩的な掛け合いの場面はリズミカルで、ほろ甘く、汚れを知らぬ美しさに満ちたものである。

    シェイクスピア作品は初めてであるが、読み始めたらすぐに惹き込まれた。
    続きを読む

    投稿日:2016.03.17

  • clloudthick

    clloudthick

    これを読んで、全く違和感なく読めてしまうことは、むしろ少しおかしなことだと思った。400年も前のイギリスで描かれた作品である。

    仮に400年前のアフリカ文学、オーストラリアの文学、南米の文学、そういうものがあったとして、僕がそれを読もうと思ったら、時代の違い、風土の違いを超えるためにかなりの労力を覚悟するだろう。それに比べて、このロミオとジュリエットは「ちょっとコンビニへ」くらい近い。一方で、こちらの想像を超えるような展開や、思わぬテーマに出会うことは極端に少ない。

    それは、この作品の問題ではなく、現代の日本で暮らす自分の身の回りに「ロミオとジュリエット」の反映があるということではないか。僕はそれらの作品を通して、既に何度も何度も「ロミオとジュリエット」を見てきたのではないか。自らの川の上流に位置するこの作品に「初めて出会う」ということは不可能なのかもしれない。
    続きを読む

    投稿日:2015.02.14

  • nekohoumu

    nekohoumu

    シェイクスピアの本を初めて読んでみた。これがなかなか面白い。あっという間に読んでしまった。
    2つの家筋がお互いにいがみ合っていて、愛が翻弄された形。なんと理不尽な。死んだようになれる薬を持ち出したのはなかなかぶっ飛んでて面白かった。
    シェイクスピアのほかの本も読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2014.09.10

  • 橙子

    橙子

    5日間で起きたこととは思えないくらいの濃さ。運命に巻き込まれる二人。

    ジュリエットの意志の強さが印象的。自分で選んだ夫と運命を共にしようという決意がある。
    ロミオは直前まで違う女性に恋をしていたり、ジュリエットと会った翌日に喧嘩に巻き込まれたりと、フラフラしている感じもするけど、純粋な人だと思う。

    シェイクスピアのほかの作品も読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2014.04.16

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。