傀儡后

牧野 修 / ハヤカワ文庫JA
(23件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
3
6
5
5
3

ブクログレビュー

"powered by"

  • uohito

    uohito

    正直、評価できない…本の装丁が悪かったのか、読んだページから外れてしまい、結局最後はバラバラになってしまった
    SF大賞受賞作らしいけど…あまりに内容が飛躍し過ぎていて、ついていけてるかわからない

    投稿日:2020.09.05

  • 彩海本

    彩海本

    とんでもない飛んだSF小説でした。なんでもありでてんやわんや。繋がりも伏線もとっちらかり放題で、だれかが見てる夢の中身を頭かち割ってのぞいてるような感覚のSF。

    もう、収集つかないよ。これ。の世界。

    面白くないとか面白いとかじゃなくて、もう脈絡なく好き放題に話が進んでドンと終わる感じで、疲れる。読んでて。

    SFってこんなんだったかな、、、と、思う。

    ついでに、作者自身のあとがきがまた長い。なんかクドイ。もういいよ、引っ込んで!ってくらい、小説終わってからの作者のあとがきしつこい。

    一番面白かったのが、おすすめするSF小説のキャスターだかが書いたあとがきでした。
    続きを読む

    投稿日:2019.05.15

  • Sadahiro Kitagawa

    Sadahiro Kitagawa

    衣服をテーマにしているのは『カエアンの聖衣』に似ているが、こちらは自分と皮膚と衣服と外界との境界、その感覚についてより深く描写されている。
    近未来で使われているSNSやコミュニケーション手段などは、まだスマホもない時代でも未来予測として読むと面白い。でもストーリーはいまいち楽しめなかった。

    続きを読む

    投稿日:2019.04.12

  • Rocketman3

    Rocketman3

    表紙× イラストやめてほしい
    日本SF大賞?
    コミュニケーター
    ネットでしかつながらない
    →神経(大きな)
    ネイキッドスキンで拡張された感覚世界でミシマとつながるハコダラ
    桂男、途中で消えて(第一章のみ)、ラストでいきなり
    美香=男=なに?
    連載なのでストーリーばらばら
    ラストはエヴァっぽい
    ギミック、設定、キャラはとてもいいのだがストーリー×
    ラスト1/3は義理で読んだ
    皮膚と触覚の話というのはわかるが……
    MOUSEの作者とは思えない。P73 共感覚の描写はさすがだが。
    続きを読む

    投稿日:2018.10.15

  • よはん

    よはん

    カオス。最初っから最後までよく分からなかったし、唯々グロテスクな悪夢を見せられた感じ。私には合わなかった。再読はキツイ。

    投稿日:2018.10.11

  • ま鴨

    ま鴨

    物語の舞台は、20年前に守口市を中心に半径約6kmの範囲に渡り隕石のシャワーが降り注ぎ、壊滅的な打撃を受けた近未来の大阪。隕石落下地点からは謎の奇病「麗腐病」が蔓延し、落下地点近辺は厳重に隔離された危険指定地域「D・ランド」と呼ばれている。肉声を使わずコミュニケーションを取る若者たち、着るだけで外見だけでなく体型すらも変えてしまう全身スーツ、触覚を拡張する違法ドラック「ネイキッド・スキン」・・・退廃的かつ刹那的な快楽に満ちた異形の大阪に、彗星のように現れた天才的デザイナー・七道桂男。カリスマ的魅力を持ちながら悪い噂も絶えない彼の周囲で、様々な事件が起こり始まる。桂男の身辺を調査する謎の男や桂男に心酔する少年、気弱な探偵や訳知り顔の女。掴みどころのない謎に近づいて行く彼らの前で世界は加速度的に異形の度合いを増してゆき、そこに立ち現れるのは「傀儡后」と名乗る異形の女だった。桂男の狙いは、そして傀儡后の正体は?危険指定地域では何がおこっているのか?

    これはひどい。 ←注:褒め言葉ヽ( ´ー`)ノ
    ストーリーとしては破綻している、といって差し支えありません。謎が回収し切れていませんし、キャラクターの人物造形が首尾一貫していませんし、やたらアクの強いキャラ設定をしている割にはそれを生かし切れていません。登場する様々なガジェットの唐突感、派手な割にその後に繋がらない収まりの悪いエピソード、ストーリー展開上たいして必要性を感じない少年愛・性転換・アブノーマルなエログロ描写。何と言うか、作者の趣味がダダ漏れしている怪作です。

    こうして印象を列挙してみると、ちょっと手に取る気にはなれそうにないのですが(^_^;、意を決して読んでみると、これが面白い!
    ストーリー上の収まりの良さや納得感を期待しては行けません。そういう意味で、この作品は「SF」とは言えないかもしれません。が、そもそもストーリーはあって無きが如しの作品です。冒頭からぐいぐいと押してくるイメージの奔流、悪趣味全開でユーモアすら漂ってくる超個性的な筆致、そして特筆すべきは絢爛華麗でビジュアル感溢れる肉体感覚の描写。こうした雰囲気を楽しむのが、おそらくこの作品の正しい楽しみ方。ストーリーは二の次ではありますが、テーマは明確です。この作品は、「皮膚と世界を巡る物語」。自己と世界を峻別するツールとしての皮膚に着目する、その発想はまさにSFそのものです。

    こうして印象を文章化してみて、改めて気づきました。これ、ワイドスクリーン・バロックそのものですね。
    細かいことはつべこべ言わずに、イメージとアイディアの奔流に飲み込まれて気持ちよく酩酊せよ!というタイプ。扱われている題材自体は決して好きなタイプの作品ではないんですけど、忘れられない作品になりそうですわ。
    続きを読む

    投稿日:2015.06.13

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。