スメラギガタリ弐 ~外道陰陽篇~

宇野朴人 / メディアワークス文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
1
0
1
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • Mu

    Mu

    うーん、これは、ちょっと微妙だなあ。

    もちろん、物語の語り口は堅実。
    キャラもちょっとドジッ娘の潤の登場で楽しく読めた。クライマックスの神龍との戦いもわくわくと面白かった。

    でも、物語の構成がなんとも微妙なんだよなあ。
    ラストに神龍退治を持ってくるのであれば、この話は本来道代を主人公にすべきだった。
    でも、前半の主人公は明らかに夜統べだし、途中、長い昔語りの主人公は芦屋道満だ。
    これでは、物語の焦点がずれてしまう。

    前巻でも平将門の長い昔語りが描かれたのだけど、この構成は本編の勢いと印象を薄くしてしまって、よくない。
    いっそ、道満と晴明の件は別に伝奇ものとして書けばよかったのにと思う。

    で、500ページを超える物語の最後に、その先まだ続くのを知って、まじかと思ってしまった。
    長い昔語りが入ったこともあって、話の展開が遅いのだ。
    さて、この先、どうしたものかなあ。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.17

  • サンサ

    サンサ

    親王殿下がかわいかった(笑)

    それにしても、ヨルにそんな秘密があったとゎ!続きでるんですかね?気になる終わり方でした!

    投稿日:2013.10.07

  • 涼

    このレビューはネタバレを含みます

    1巻で隠されていた事情が明らかに。あと晴明が人外すぎるw それ以外も晴明や道満の話とか色々描かれていて面白かった。次巻も期待~。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.07.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。