ドクターぶたぶた

矢崎存美 / 光文社文庫
(19件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
3
6
9
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ゆづき

    ゆづき

    消化器系内視鏡手術のエキスパートなぶたぶたが胃がんや胃潰瘍を診察する。病院、病気ものだけれど深刻さや悲愴感はなく優しくてほっこりする。手術は勿論胃カメラも上手に入れてくれる有能なぶたぶたの安心感がすてき。ちらほらと登場する食べ物も楽しく、可愛すぎるケーキ屋さんに患者男性を誘うぶたぶたが微笑ましい。続きを読む

    投稿日:2018.10.14

  • みたろ

    みたろ

    ドクターで検索をしてぶたぶたに出会った。一目でタイトルに釣られて読み始める。医学知識が欲しかったわたしは何処へやら(笑)しゃべって動いて内視鏡の名医でもあるぶたのぬいぐるみと、それを取り巻く人たちのほっこりストーリー。シュールであったかくて疲れた時に効く心のお薬みたいな一冊続きを読む

    投稿日:2018.10.06

  • kik1k0

    kik1k0

    山崎ぶたぶた先生、いい響きです。

    それだけでちょっと楽しい。
    実際にこんなことになつたら自分がどんな反応するか味わってみたい気もするし、実在してるかもと思ったらなんだかそれだけでほっこりします。

    1万円選書の一つ。続きを読む

    投稿日:2018.03.22

  • tmk178

    tmk178

    最後のお話がよかったなー、と。

    今回は患者さんの反応もまちまちで。

    でも。やっぱりぶたぶたさん最強でした。

    私も胃カメラ入れてもらいたいです。

    投稿日:2018.03.18

  • arukudesu

    arukudesu

    このレビューはネタバレを含みます

    いままでに比べるとドクターぶたぶたに関する患者の反応が辛口です。
    とはいえ、とっても安心できるお医者様だなってしみじみ思いました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.09.04

  • 彩海本

    彩海本

    安心して読める。ホント。ほのぼのするし、このぬいぐるみなのにふつうに生活してるぶたぶたの存在に読んでるうちに馴染んでくる私。

    え!?だってぶたぶただもんそりゃ喋ったりするよねー

    と。
    ファンタスティックすぎるのに、いつの間にかぶたぶたは人間のように行動して当たり前になった感覚。
    今回はスーパードクター!笑笑

    なんでもできるぶたなんだけど、ぶたぶただからねーって認めてしまう私がいるのもまた不思議。

    ぶたぶたワールドに入り込むとこのファンタジーがふつうに感じるのがすごい。

    ぶたぶたドクター、うちの周りにも欲しい。
    続きを読む

    投稿日:2017.07.17

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。