後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく

はるおかりの, 由利子 / 集英社コバルト文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
3
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • goya626

    goya626

    今回のヒロイン翠蝶の得意技は、「錦」ということで縫物、刺繍。父母の期待の皇帝の妃姫ではなく、皇弟の氷希に嫁がされてしまう。なんとか皇帝の後宮に入ろうと努力する翠蝶だが、とにかくいろいろすれ違いや陰謀やらがあって、最後はめでたしめでたし。黄金のワンパターンですなあ。こういうの好きで屋んす。続きを読む

    投稿日:2021.10.13

  • 糸森

    糸森

    後宮シリーズ カップル人気投票No.1の氷希と翠蝶
    氷希が報われて本当に良かった!
    コミカライズも読みました。面白いです。

    投稿日:2021.01.19

  • mzuki

    mzuki

    このレビューはネタバレを含みます

    ご都合主義にならないのは分かっていても、前作ヒーローが一夫多妻制で落ち着いているのが地雷でした…。
    前作でも1作目のヒロインの娘が殺されていたので、ヒロインが本編後幸せになれないシリーズなのかと思うと後味が悪い…。
    今作のカップルは3作目までの中で一番好きでした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.01.16

  • megumi33

    megumi33

    読み応えもあり、最後まで惹きつけられる作品でした。

    私の好きな歴史ファンタジー、しかも東洋の後宮が舞台のお話なので、興味を持って読めました。
    主人公のヒーローとヒロインが不器用ながら色々な試練をのりこえて少しずつ近付いていく様がとても好感が持てました。
    表現、文章がとてもキレイ。
    書き手としても勉強をさせていただきました。

    このシリーズの他作品も読んでみたいです。
    続きを読む

    投稿日:2016.09.26

  • 左近

    左近

    後宮ミステリーシリーズの最新作です。他二作品の登場人物が出てきますが、この作品のみでも楽しめます。
    主人公と皇子が心を通わせていくところが、素敵でした。王道恋愛という感じがしますが、ミステリー要素もあり恋愛だけではない要素も楽しむことができます。前作よりも、今作のほうが私は好きです。続きを読む

    投稿日:2016.07.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。