囮物語

西尾維新, VOFAN / 講談社BOX
(199件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
35
77
51
8
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Beluga0617

    Beluga0617

    このレビューはネタバレを含みます

    ここから初読み。
    まあ、アニメは見たから展開は知っているのだけど。

    今までで一番退屈な感じがした。
    なんというか今までのキャラはぶっ飛んでいたのに対して、
    撫子ちゃんの場合はぶっ飛ぶわけでもなく後ろ向きな感じで。

    いろんな身の回りの不条理に対して鬱々としたり
    うつむいて耳を閉じてしまうというのもわかるのだけども。

    長々と読んで上巻が終わったという感じ。
    鬼を挟んで早く続きを。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.09.18

  • fudo

    fudo

    語り部は千石撫子。
    阿良々木暦視点からは分からなかった千石撫子の心情が分かった。
    撫子も結構大変なんだなぁと。
    ラスボス感は様になってたけど、このあとの展開どうなるの?

    投稿日:2020.04.04

  • yu

    yu

    撫子視点。

    困ったら黙っちゃうのすごく分かるなーって感じ。私もそれでよく突っ込まれたもんなぁ。

    内気な子は何も考えてないわけじゃなくて、むしろ何でもかんでも口に出しちゃう人以上に心の中で色んなこと考えてて、積もり積もって爆発したときにそれはもうとんでもなく過激な言動に及んでしまうのあるあるだよな。
    大人しいんじゃなくて、残酷なんだよ。

    特に物語を進める上で意味の無さそうな簡単な言葉でもあえて漢字じゃなく平仮名で書いてた真意は汲み取れなかったのだけれど。何か意味はあったんだよね。

    月火ちゃんのお説教はすごく心に刺さったし、あんなにしっかりしてる中学生現実にはいないよなぁ。

    一人称が「撫子」だった理由も、ただの幼い可愛い子ってキャラを表してるわけじゃなかったんだ、なるほどって思った。

    果たしてこの続きは物語になっているのかどうか……
    続きを読む

    投稿日:2020.02.18

  • より

    より

    図書館で。
    作中の人物で一番苦手だったナデコちゃんの話。確かに彼女が可愛いだけの話だった… カワイイって怖い。

    作中、月火ちゃんがナデコちゃんに説教しているのが我が意を得たり、当意即妙って感じだったので付け加えることは無いな〜 彼らの活躍にこうご期待。カミングスーン、神だけにって件はなんかツボった(笑)続きを読む

    投稿日:2019.07.21

  • アカセン

    アカセン

    大多数の読書が期待するものを与えられないところはさすが西尾維新。以下続刊となっているので評価は暫定だが、続刊のタイトル的に今ヒロインが当て馬で終わるんじゃないかと不安が残る。ともあれ解決編に期待するしかなく。続きを読む

    投稿日:2018.10.20

  • きゆ

    きゆ

    このレビューはネタバレを含みます

    千石撫子の物語。
    千石が語り手なのはいまひとつ入っていきづらかった。言葉遣いが阿良々木くんとちょっと違うからというのもあるし、作者曰く、撫子ちゃん可愛い可愛いという話らしいが、あまり可愛いと感じなかったせいもある。
    阿良々木×戦場ヶ原からしてみれば邪魔にしかならない彼女。なのにこの二人は、他の誰かに対する態度とまるで変わらない。そこも謎。性格的にかなり問題はあるかもしれないけれど、月火ちゃんのほうがよっぽど可愛いと感じたのですが。
    しかし暦お兄ちゃん、千石から見るのは勿論、妹の目から見てもお兄ちゃんは格好良いのだな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.01.10

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。