幸福な食堂車 ― 九州新幹線のデザイナー 水戸岡鋭治の「気」と「志」

一志治夫 / プレジデント社
(19件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
8
7
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • nrin92f

    nrin92f

    電車の見方が変わる本。このまちで育ち、九州や日本各地、世界で活躍され、ふるさとへも還元される生き方が垣間見れる本。

    投稿日:2019.09.07

  • miwa

    miwa

    基本的に 整理、整頓、清掃、清潔、しつけ
    の5Sをどこにでも、持ち込むという。
    デザインとどう関係があるの?と
    読み進めると、なるほどと納得。

    「感性の災害」
    統一感もない色彩、整理されてないサイン
    不要な看板やポスター

    会社や家のなかもそうだよなぁ、と
    今更気がつく。


    コンセプトとは志
    心、気持ち、思いを形にするのがデザイン


    こんな幾つかのフレーズ。


    読後、
    すごい、の一言。
    妥協することなく信念もって仕事する人に
    ついていくんだな。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.03

  • enato

    enato

    ななつ星など、ユニークな列車のをデザインした水戸岡鋭治氏の半生が綴られています。列車から駅舎、町おこしのことも考えながら、お客様のために心血を注いでデザインする。
    アイデアは降って湧くものでなく、子どもの頃からの経験がアイデアとなるなど、彼のデザインや仕事に対する考え方が詰まった本です。続きを読む

    投稿日:2015.03.22

  • Kunibo

    Kunibo

    斬新さで評判になった九州新幹線のデザインを行ったデザイナー水戸岡鋭治さんの経歴、デザインの考え方、業績、関係者との関わりなどをルポルタージュ風にまとめた本。深く関わっているJR九州の列車デザインの思想と舞台裏を紹介している。
    帰省した際によく乗ったJR九州の列車は、1990年代頃からユニークなデザインになり、印象が大きく変化したのを覚えている。特に特急つばめは、とても居心地が良くて評判になっていてよく利用した。この本で、そのデザイナが九州新幹線のデザイナーである水戸岡さんだったということを知って、納得しました。彼は自然をモチーフに顧客がいかに居心地良く、楽しく移動できるかという観点で商品をデザインしています。コンセプトは明確で、顧客の目から見れば受け入れやすいデザインだけれど、車体や建物の設計屋とはかなり軋轢があったらしい。それまで良いこととされていたのを否定されるのには、どの世界でも抵抗があるのだろう。しかし、確固としたポリシーと実績で相手と協調しながら、自分のデザインを具現化させていく彼のやり方には、デザイナーとしては勿論、ビジネスマンとしての能力の高さを感じます。自分にとって気持ちが良いアイデアは、利用する人達も同じ=顧客目線でデザインすれば必ず成功するという自信もあるのでしょう。
    ちなみに彼がプロデュースした鹿児島の笠沙恵比寿という施設に遊びに行ったことがあります。地方の漁村の中にあって、建物や敷地が垢抜けていた感じの印象的な造りでした。
    続きを読む

    投稿日:2013.05.03

  • borage

    borage

    九州で鉄道旅行をしたくなる本!
    新しいものはこんな風にして産み出されていくのだなあと感慨深い。
    そこにあるのは幾人もの”ヒト”と”情熱”。
    しかし、国鉄(大きな組織)では出来なかったであろう。
    水戸岡さんは職人気質のデザイナーさんって感じで、いいなと思う。続きを読む

    投稿日:2013.03.31

  • arito1204

    arito1204

    九州へ行きたくなりました!
    いろんなスタイリッシュな?車両があるんですね…九州以外には展開するのは厳しいんでしょうね(^^;

    教訓になったこと。自分に置き換えて戒めないと…

    ・そこには日本が抱える問題が潜んでいる、と水戸岡は考える。日本ではおうおうにして発注する側がもの を考えない。つまり、発注する側が製作メーカー側に考えることとつくることの両方を丸投げしてしまうの である。発注する側が考えさえすれば、ものは安くな るのだ。それはすなわち、日本のエリートが働かず、 決定する行為を避けるということでもあった。自己責 任をとらないことを優先する教育のため、日本のエ リートは決定することから逃げる傾向にある、と水戸岡はみていた。続きを読む

    投稿日:2013.03.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。