イノベーションの最終解

クレイトン・M・クリステンセン, スコット・D・アンソニー, エリック・A・ロス, 櫻井裕子 / 翔泳社
(20件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
2
15
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • biztechartist

    biztechartist

    良い理論ほど実践的だ、とはよく言われるが使いこなせるだけの読解力が要求される。 使いこなすためには、自分のもつ事例で研究しなくてはならない。これらが私の率直な感想だ。幸いクリステンセン教授の扱ったメインの事例が情報通信業界なので、とても有意義だった。 新しい技術潮流で格好の事例を見つけたので、研究してみたいと思う。

    経営学理論の教科書としては最高だと思う。論旨の構造が洗練されていて、変化のシグナル、競争のバトル、戦略的選択、環境要因を含めた影響分析の有機的な関係性の論じ方は、やはりハーバードがトップレベルの大学なんだなぁと感じさせる。ちょっと難解すぎたり、アメリカに偏っている感も否めないので、4つとしておこう。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.02

  • けすーん

    けすーん

    このレビューはネタバレを含みます

    ◆イノベーションの主要な概念
    ①破壊的イノベーションの理論
    ②資源・プロセス・価値基準の理論
    ③ジョブ理論
    ④バリューチェーン進化の理論
    ⑤経験の学校の理論
    ⑥創発的戦略の理論
    ⑦動機付け/能力の枠組み

    ◆概要
    既存の企業と新規参入企業の社内外環境の違いから、既存企業がハイエンド向けの持続的イノベーションに囚われると同時に、新規参入企業が、ローエンド向けの破壊的イノベーションに取り組むのかを、更に航空機、教育、医療、通信、半導体業界の事例から、理論と対応指針を解説

    ◆考察
    ・組織の判断は資源・プロセス・価値基準に則って合理的になされるからこそ破壊的イノベーションが生まれるスキが生じてしまう。
    ・一見合理的な判断材料の中には、顧客の要求は考慮されないことが多い。
    ・エンジニアとして、①VC高度化、②剣と盾の追求、③ステークホルダーとの連携したビジネススキームの仕組みを作る力が求められる
    ・イノベーションとそれを具現化するためのバリューチェーンの高度化も必須。
    ・変化のシグナルを察知するだけでは片手落ち。それをスピーディに機会に変えることができる組織が生き残る。

    ◆第一歩
    VC高度化のビジョンの具体化

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.01.01

  • TAZ

    TAZ

    このレビューはネタバレを含みます

    クリステンセン氏のイノベーションシリーズの最新巻
    読んでいて、事例の分析に感じる部分が多く、読んでいて興味をひかれる部分が少なかった
    事例集から参考程度に調べるには良い本かもしれないが
    読み物としては少し退屈に感じた

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.05

  • masaakizm

    masaakizm

    破壊的イノベーションは、新しい価値提案を実現するものだ。破壊的イノベーションには、新しい市場を生み出すもの( 新市場型)と、既存市場を大きく変えるもの( ローエンド型)の二種類がある。ローエンド型の破壊的イノベーションが起こるのは、既存顧客が使いこなせる価値に比べて、製品・サービスが「性能過剰」になり、したがって高価になりすぎたときだ。続きを読む

    投稿日:2019.01.04

  • japapizza

    japapizza

    クリステンセンといえば、「イノベーションのジレンマ」が有名である。前から気になっていたので、本書と共に借りてみた。「イノベーションのジレンマ」のページをめくってみたが、事例が古いからか、個人的には全く食指が動かなかった。本書も10年ほど前に書かれたものなのでそれほど新しくはないが、通信業界の事例など興味深いテーマが含まれていた。
    終章の結論がコンパクトにまとまっていて良い。

    「本書ではイノベーションの理論を使って業界の変化を予測する方法を詳しく述べた。第一章から第三章までは、わたしたちの分析プロセスの要旨を説明した。このプロセスは、三つの反復的なステップからなる。
     一 変化のシグナルを探す。業界の環境変化や、無消費者、満たされない顧客、過剰満足の顧客を新しい方法で獲得しようとしている企業を示唆するシグナルはないだろうか。
     二 競争のバトルを評価する。競合企業の経営状況を把握し、非対称性の剣と盾をもっている企業を探す。
     三 破壊のプロセスを正しく実行できるチャンスを増やす、または減らすような、重要な戦略的選択に目を配る。
     各章の結論には、それぞれのステップを実行する際に役立つ質問を列挙した。…
     第五章から第八章までと第十章では、この分析的プロセスを用いて教育、航空、半導体、医療、通信の各業界の未来についての洞察を得た。各章の研究から得られた一般的な教訓を挙げた。…
     本書の最も重要な教訓は、当然ながら破壊的イノベーションと関係がある。特に重要な教訓を四つ挙げよう。
     一 破壊とはプロセスであって、一過性の出来事ではない。
     二 破壊とは相対的な現象である。ある企業にとって破壊的なイノベーションが、別の企業にとっては持続的なイノベーションになるかもしれない。
     三 異質な技術や急進的な技術が破壊的なイノベーションとは限らない。
     四 破壊的イノベーションは、ハイテク市場だけのものではない。破壊はどんな製品・サービスにも起こるし、国家経済間の競争を説明することもできる。」
    「破壊的な製品・サービスのイノベーションは、無消費と競争するか、消費を新しい状況にもたらすことで、新しい市場を創出できる。」
    「ほとんどのイノベーションは、破壊的イノベーションではない。最も重要で最も収益性の高いイノベーションの多くは、良い製品・サービスをよりよくする持続的イノベーションである。一般に持続的イノベーションを先導するのは、既存企業だが、『成功』を正しく定義すれば、新規参入企業でも持続的イノベーションを成功させることはできる。」
    「新規参入企業と既存企業にとっての適切な市場進出戦略が変化するのは、過剰満足が生じ、インターフェースがモジュール化を促すような形で変化するときだ。」
    これ以外にも、今の業務でも思い当たる節がいくつもあり、非常に参考になった。
    続きを読む

    投稿日:2018.10.08

  • mamo

    mamo

    クリステンセンのイノベーション3部作の3作目。

    タイトルは「最終解」となっているが、内容的には、1〜2作から連続していて、業界が今後どういう競争状態になるか、破壊的イノベーションが起きやすいかどうかを予測するための方法論とそれに基づく予測という感じ。

    内容的には、このシリーズは、だんだん難しくなっている感じがして、かつ真面目な積み上げ的な分析に思えてします。

    なんだか、ポーターの分析を読むときに感じる疲れがある。

    タイトルに惹かれるが、クリステンセンの本としては、最後に読んでよかったなと思った。
    続きを読む

    投稿日:2017.12.18

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。