干し野菜手帖

KAORU / 誠文堂新光社
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 2.2
0
0
2
2
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • Tod und Leben

    Tod und Leben

    干し野菜といっても、3〜4時間ほど干した物の調理ばかりで、「自家製干し野菜」を活用しようと思っている人にとっては至って中途半端な内容。
    図書館や書店でザッと中身を見れば十分で、購入するほどの内容ではありませんでした。続きを読む

    投稿日:2017.06.18

  • neruco

    neruco

    うまみがギュッと凝縮された干し野菜ステキ!
    野菜ごとに適した切り方や、取り込むタイミングなどが紹介されていてありがたい。干してみたはいいけれど、一体どうやって使えばいいの?という疑問にもレシピで答えてくれてます。初心者向けです。冷蔵庫でよく野菜を干からびさせてしまう私。あんなもったいないことはもうしないぞ、と固く誓うのでした。続きを読む

    投稿日:2017.02.07

  • hagoromooooon

    hagoromooooon

    レシピはたくさん載っているけど 素材の味を活かした料理が少ない

    それに野菜の並べ方、盛り付けも 不自然

    野菜はそんな風に並べて干さないし
    盛り付けや 器のまわりも合ってない気がする

    素朴感がない というか わざと盛り付けました みたいな

    そして なにより野菜別の保存方法、保存期間がないから
    干し野菜を初めてする人は困るだろうな と思った

    全国第一号の野菜ソムリエさんでも
    いろいろなことをされてると
    こんな観点になってしまうのか・・・

    残念
    続きを読む

    投稿日:2012.02.23

  • 沢渡祥子

    沢渡祥子

     干し野菜をはじめるに当たって借りてきました。

     この後、何冊か干し野菜の本を借りたのですが、この本がいちばん情報量が少なかったかな……。レシピも、他の干し野菜本に比べるとシンプルなのばかりでした。干し野菜レシピって、油と合わせるか、ピクルスにするしかレシピは存在しないのかと思ってしまったくらい。

     それでも、干し野菜を始めるに当たって知りたいことは十分わかりましたし、「楽しそうだな、やってみようかな」って気分になるには十分な本でした。写真も美味しそうだったし。
     しばらく手当たり次第に野菜を干してみたいと思います。
    続きを読む

    投稿日:2011.09.22

  • sarsh

    sarsh

    最低限の事は書いてあるものの(当たり前か)干し野菜ならではのレシピがあまりない。
    ネットを閲覧できる人ならば、干し方はネットで見て安い普通のレシピ本を買うのと同等の情報量で1600円分は高いと思う。
    ウンチクも薄っぺらい。

    また干し野菜は長期保存に向かない、と言い切っているけど、干す時間によるもで断定するのはおかしい。
    ここに書かれてる干し時間なら(3〜4時間)それに該当するのは分かる。

    干したにんにくと梅で、にんにく梅じょうゆってあるけど、これを使ったバリエーションがあるといいのに(簡単には書いてあるが)
    続きを読む

    投稿日:2011.05.07

  • mixmemory

    mixmemory

    新聞広告で見かけました。

    流行っているようですね、干し野菜。
    そこはかとなく美味しそうに見えます。
    なんか、濃縮されてるって感じで。
    だいたい、干したらなんでも美味しくなりますよね。
    中華で「乾貨」というくらいですから。続きを読む

    投稿日:2011.02.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。