ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

小林 慎太郎 / インプレス
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ひとこ

    ひとこ

    2017/3/6読了

    エッセイと分類したがどうなんだろうね・・・

    ラブレターとか手紙の効果って、今でこそかなりの威力があるツール。
    ビジネスとは言っているけれども、「心」があって
    依頼者の「向こう側」を見て
    事がうまく運びますように・・・と練り続け祈り続けるのは、ビジネスよりもむしろアーティスティックなように、私は思いました。

    ラブレター代筆という仕事のキャッチ―な部分よりも、「書く」が好きだからこそそれを仕事に取り入れてみよう!と
    めぐりめぐって自分の人生に還元する方が、個人的にビビっときました。(セラヴィ!)

    この仕事は心を使うから、かなり疲弊する、大変な仕事になる。
    けども、どうか続けてほしい。
    続きを読む

    投稿日:2017.03.09

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。