いっしょにあるこうね 盲導犬コディ 1

篠原烏童 / SHUSUISHAシリーズ
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
2
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ヒギリ

    ヒギリ

    盲導犬の一生を犬視点で描いた漫画。
    めちゃくちゃ良かった!
    他の「盲導犬本」と全然違う。
    安心して読めて、楽しくて、少し切なくて、幸せだ。
    絵も綺麗。犬描写が特にすごい。あの瞳!あの体のライン!
    線だけなのに若い犬と老犬の違いがわかる。
    教材ではなく動物漫画として楽しめる作品。

    犬視点だけど変な擬人化はしていない。
    主人公は犬だから馬鹿っぽいけど盲導犬になれる賢い犬だってこともわかる。
    犬が主役の晴眼向け漫画だけど盲導犬ユーザーの存在をないがしろにしていない。

    犬の目を通して、犬と関わるたくさんの人たち、繁殖ボランティア・パピーウォーカー・訓練士・ユーザー・家族・近所の人・通りすがりの人・引退犬をひきとった人などが描かれる。
    その人たちとのエピソードのひとつひとつがよくあることで、誰も責めずに理解をうながしてくれる。


    「盲導犬がかわいそう」という言葉をきくたびに悔しい。
    犬と自分の安全を守るために全力で叱って、全力で褒めて、無理解と根気よく闘って、本気で犬と向き合うユーザーを知っている。
    毎日主人と歩いて、褒められたら千切れんばかりにしっぽをふって、幸せそうに仕事をする犬を知っている。
    かわいそうっていう奴に、このぶんぶんとふられるしっぽを見せてやりたかった。
    あのぶんぶんを余すところなく、しかも幸せに描いてくれたことが嬉しい。
    そうだよ、こんなに幸せそうな顔をするんだよ。

    後書きを読んだら、自分が描きたくて描いたんだってことがよくわかった。
    障害者理解の教材用に依頼を受けて描いたんじゃなくて、盲導犬の普通を伝えたくて描いたからこんなに良いんだ。

    あとでもう一冊買って友達に渡す。
    続きを読む

    投稿日:2011.04.26

  • うららか

    うららか

    盲導犬マンガ。
    わかりやすく盲導犬について描いてあります。やっぱり泣いてしまった・・・
    私は犬が苦手で、ラブラドールなんてひとなつっこいわ、大きいわで、超苦手で、盲導犬見かけても避けて通るくらいなんですが、その方が良い場合もあるんだなぁってちょっと気が楽になりました。続きを読む

    投稿日:2008.05.18

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。