愛の裁きを受けろ! 【イラスト入り】

樋口美沙緒, 街子マドカ / 花丸文庫
(15件のレビュー)

総合評価:

平均 4.6
8
5
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • shirotae16

    shirotae16

    ムシシリーズ3作目。こんなん泣いてまうわ。
    余命が残り少ない郁と、ロウクラスを人とも思わない傲慢不遜な陶也のお話。
    前半は、陶也が郁を好きになるまでと、後半はその顛末が描かれましたが、これが泣かされる展開…。
    もう、どれだけの不幸が弱い郁に降りかかってくることか。
    それでも自分の道を進もうとする郁がとにかく健気すぎるのが、涙腺ポイントです。
    話の途中、郁を好きだと自覚した陶也なら、篤郎から郁を守ることができたのでは?と思わないではなかったところもありましたが。
    このカプについては、結ばれたあとの濃密な日々を、心穏やかに過ごして欲しいと願ってしまいます。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.28

  • niconekomi

    niconekomi

    愛の巣へ落ちろ!シリーズ3作目
    七雲陶也(ブラジリアンホワイトニー・タランチュラ)×蜂須賀郁(カイコガ)

    投稿日:2020.06.12

  • ゆう

    ゆう

    このレビューはネタバレを含みます

    1作目に出てきた陶也が攻ということで、1作目では相当性格が歪んでいるように感じたのでどうなるのかと思いきや‥‥人って変われるんだな‥‥と。
    喋れない受という設定のBLを(しかも小説で)見るのは初めてだったのですが、2人でカフェで筆談する姿がとても良かったです。
    こういう陶也のようなキャラが郁を愛することによって変化していくというのは好きな設定なうえに描写も丁寧だったのでだからこそ別れのシーンも辛かったです。
    郁が陶也に別れを告げた理由も篤郎のためとか陶也のためとか、人の為に言ったことではなく自分が死んだ後にほっとされたくなかったという「自分の為」であったのが人間らしくて好きです。
    このシリーズ読む度に思いますが2人とも末永く幸せでいて欲しい。

    ただ、この巻だけにおける篤郎が確かに酷いことをしているのに外側から見ていても孤独で可哀想だなと感じてしまいました。私はこのシリーズ10周年記念に色々企画があるということで慌てて1巻から読んでいるので次の巻が篤郎の話だと知ってて読んだのですが、知らずに読んでいたら多分読了後モヤモヤしていただろうなと。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.12.05

  • あゆの

    あゆの

    ムシシリーズ3作目。
    タランチュラ・陶也×カイコガ・郁。

    1作、2作ともロウクラス・弱い・健気受と好み設定だったけど3作目はもっともっと弱く、儚い受ときたから
    最初からウルウルo(T^T)o
    しかも、攻が1作目ですっごい嫌な男だった陶也。
    どんな話になるのか不安でもあったけど
    読み始めるとそんな不安も吹っ飛んだ。

    あの嫌な男だった陶也があそこまで変わったのは
    郁のおかげと。
    前半の陶也目線の話で郁と出会って変わっていく陶也、郁に対する気持ち、心が切なく描かれていて涙し、
    後半の郁目線の話では、陶也の事、篤郎の事、自分の短い命に対する郁の気持ちが切々と描かれていて
    またまた涙。

    やっと一緒になれたからたとえ短い時間でも
    幸せになって欲しい。と思った
    続きを読む

    投稿日:2015.10.06

  • usamomo21

    usamomo21

    このシリーズはホント泣けますね。 今回はすっごく健気でした!そして痛い!完全にやられてしまった描写が今回あって、 ちょっとこれはキツカッタ! でも懸命に生きている姿がなんともこちらにも力を与えてくれる感じがしますね。 そんな郁と数ヶ月付き合っただけの陶也。彼とであった事で彼の人生も変わっていく。 っていうかこの陶也も1巻で翼に酷いことをした人ですよね!最初はなんとも言えない気持ちはありましたけれど、 郁を思って何年も過ごす彼はすごく良かった!続きを読む

    投稿日:2014.09.24

  • 野々

    野々

    昆虫シリーズ第3弾です。
    今回は1作目でものっそ嫌な男だったタランチュラと、
    家畜化された唯一の虫であるカイコガのお話です。
    自分一人では生きることも出来ないくらい身体の弱い
    受は、口をきくことが出来ず、すぐに熱を出すし
    転けただけでも歩けなくなってしまうこともあるくらい、
    とにかく弱い種です。
    そんな日々を生きるだけが精一杯で、明日死ぬかもしれない
    という毎日を送る受のことを、うっかり好きになって
    しまう攻という構図。

    勿論、一途にずっと攻のことを大好きだった受を、最初は
    ロウクラスに対する嫌悪もあり(詳細は1作目)、攻めは
    暇つぶしのようにして付き合うんですが、受の健気さに
    絆されて、気がつけば自分が蜘蛛の巣に引っかかっちゃった状態。
    にもかかわらず、紆余曲折あって受に振られ涙涙な展開に
    なった時には思わず、

    攻ざまぁ

    な気持ちになるんですが、とにかく全編通して受けが
    健気で健気で健気で、もう胸がきゅんきゅんします。
    胃の腑がせり上がるような切なさもあり、ことある事に
    命の危険にさらされる姿は、攻じゃなくても庇護良くそそります。

    1作目の攻を見てると、最後の方ではここまでデレたか……
    というくらいの変貌っぷりに、愛は人を変えるもんなのね、
    と胸が温かくなりました。
    一緒にいられる時間は少ないかもしれないけど、幸せになってね。
    続きを読む

    投稿日:2014.05.28

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。