十津川警部 神話の里殺人事件

西村京太郎 / 角川文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ホメロス

    ホメロス

    ◎神話の里=奈良が舞台の殺人事件の謎を追う。疑問点は全部解決するのが十津川の仕事。
    事件は桜井という男が自殺したところから始まる。自殺であれば警察の手はいらないが、遺書に「神話の里で人を殺しました」と書いてあったのだから、十津川が登場することとなる。
    何でも、歴史研究会に加入していて、そのときは奈良に行っていたらしいという情報が柿崎という夫婦から入る。なんでも柿崎夫婦の父は、旅行先の奈良で桜井と会ったらしい。
    地元の警察に捜索を依頼すると、父柿崎の死体が見つかった。

    不倫疑惑が絡みながらすすむこの事件は意外な展開を見せる。不倫による愛憎劇かと思いきや、ある手紙によりまた違った様相を見せて、犯人逮捕へこれまた意外な証拠をつきつける。
    十津川の執念が勝った一件でもある。
    続きを読む

    投稿日:2016.01.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。