だれかの木琴

井上荒野 / 幻冬舎文庫
(17件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
5
6
5
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kusukosu214

    kusukosu214

    読後感が微妙。
    読み進めるうちに息苦しくなるのは描写がうまいから。
    映画では小夜子を常盤貴子がやったと聞いて、
    なんだかなーと思った。もっと地味なイメージがあったから。

    投稿日:2021.07.12

  • ヒノアネ

    ヒノアネ

    髪を切ったあたりから、どきどきしながら読み進めました。映画化してるらしいので映画もみてみたいなと。面白かったです。

    投稿日:2021.03.23

  • よつば

    よつば

    この物語の主人公、親海小夜子(およみさよこ)はマイホームへ引っ越し夫、光太郎、娘のかんなと3人で暮らしています。

    特に大きな「何か」があるわけでもないけれど日常のほんの隙間に忍び込んだ異質な世界へ進んで行く小夜子に不気味な狂気を感じました。

    不穏な空気感が絶えず流れている様なストーリーですが、もしかしたら1歩間違えば誰にでも起こりうる様な事なのかもと思えて来ます。

    理性だけでは抑えられない人間の不可思議な感情が如実に表現された作品で怖い反面、興味深く読みました。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.04

  • ichigosamba

    ichigosamba

    このレビューはネタバレを含みます

    *主婦・小夜子が美容師・海斗から受け取った、一本の営業メール。それを開いた瞬間から、小夜子は自分でも理解できない感情に突き動かされ、海斗への執着をエスカレートさせる。明らかに常軌を逸していく妻を、夫の光太郎は正視できない。やがて、小夜子のグロテスクな行動は、娘や海斗の恋人も巻き込んでゆく。息苦しいまでに痛切な長篇小説*

    普通の主婦の、ただのストーカー物語。ではありません。
    海斗へのストーカー行為がやけに淡々としているなあ、と思っていたら、本当に見て欲しかったのは夫だったのですね。巧い!
    若い頃とは愛情の質や熱量が変わっただけなのに、その喪失に順応しきれなかった小夜子の幼さ。だからこその、好意を見せてくれた他者への執着行為。
    構成も展開も心理描写も素晴らしく、エンドレスな予感の不気味なラストもこのお話には相応しい。ただ、この作品の醍醐味は、ひと歳取らないとわからないかもですが・・・

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.09.10

  • kazekaoru21

    kazekaoru21

    営業メールからストーカーに変ってゆく。一歩道を踏み外せば、だれもなりうるかもしれない。小夜子の執着は、寂しさの現れか。映画では、平凡な主婦は常盤貴子で(綺麗すぎる)、もし、もっと地味な女優さんだったらどう違ってくるか。。続きを読む

    投稿日:2020.05.31

  • ゆ

    このレビューはネタバレを含みます

    それを愛と間違えるから がおもしろくて井上荒野

    主婦がストーカーになっていくはなし
    ていうあらすじと前情報がなかった方がおもしろかった
    普通の暮らしをしている人もそれぞれ歪をかかえていて、ささいな拍子で後戻りできなくなっていく
    ていうのを帯からじゃなく小説内でもっと感じたかったな

    夫が妻の体じゃたたないから、日常で感じた小さいいやらしさをストックして今日はセックスしてやらなきゃなの描写が複数回でてきて居心地が悪いキモチ。ストックしたやらしさが絶妙に小さくて女のわたしなら気にも留めないシーンの切り取りでむなしさ倍増。

    コロナバケーション ちゃりで30分走って大型ブックオフ百円コーナーにて購入

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.04.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。