十一番目の志士(下)

司馬遼太郎 / 文春文庫
(23件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
13
6
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うちまき

    うちまき

    面白くて一気に読了。
    激動をくぐりぬけた主人公が最後に感じる虚しさに、ぽーんと置いてかれる。ここで終わりか…とあっけにさえとられたけれど、高杉と天堂の関係性を考えたらじわじわと腑に落ちる。

    投稿日:2021.08.16

  • yoshi2013

    yoshi2013

    大坂での坂本龍馬謁見、そして新撰組のと対峙から始まる下巻。
    読み始めて間もなく主人公、天堂晋助は架空の人物だと気づ始めてからは歴史上の人物と多く関わりつつも歴史に関わらない行動をしているのがひどく気になりながら読み進めることとなった。
    とはいえ、幕末の長州藩には血気あふれた人物が有名無名含め多数排出された時勢であり、伝えられていないドラマが多数あるのてはと想像する。
    加えて、長州藩には有名な人斬りがおらず、土佐の岡田以蔵や薩摩の中村半次郎を模して晋助を作出したのかもしれない。その人斬りたちはほぼ登場しないが。
    ネットで天堂晋助を調べると、NHKの大河ドラマ「花神」にも粟屋菊絵とともに登場し、戊辰戦争で戦死ていることに驚く。菊絵や妹のその後があまり語られないのが多少気になる。
    続きを読む

    投稿日:2018.08.18

  • koba-book2011

    koba-book2011

    1965年連載の、司馬遼太郎さんの小説。舞台は幕末。主人公は架空の人物です。珍しいですね。
    司馬さんの小説の中では、「初期の終り」みたいな時期でしょうか。

    #

    主人公は天堂晋介。長州藩士。と言っても下層、ほぼ農奴のような出身。
    この人が、実は超絶な剣の使い手。
    高杉晋作に見いだされ、幕末の混乱期の京都で、「長州の殺し屋」として新選組などを向こうに回して、殺人を繰り返す大活躍…という内容。

    史実で、「薩摩の中村半次郎」「土佐の岡田以蔵」は「人斬り」として有名ですが、長州藩はそういう人物が伝わっていない。
    そんなところに着目して書かれた小説なのでしょう。
    なんだかんだと土方歳三あたりと対決を繰り返し、でも生き延びて、最後も死なずに終わる、という内容。

    #

    正直、司馬さんの小説としては、第1級のオモシロサ、ということはありませんでした。
    その分、「架空の主人公で娯楽小説家に徹したら、司馬さんはこうなるんだなあ」というのを楽しんでしまった、という風情。
    とにかく女性にもてまくる、というか、縁がとにかく多いです。
    そして、あらためて史実に縛られずに書かれた感じを味わうと、ほとんど「ゴルゴ13」ですね。
    もっと言うと、現代の常識的なフェミニズム感覚で言うと、女性陣が怒りそうなくらい、「男性本位」な女性像ばかりです。
    まあ、実際に江戸時代で言ったらそうだったのかも知れませんが、男性主人公の都合で描かれる女性たち、という意味では、ほんっとゴルゴ13です。
    それはそれで、まったりと愉しむ分には、なるほどなあ、やっぱり執筆年代も60年代だもんなあ、そして司馬さんも実はフェミニズム度は低いしなあ、と読みました。



    そして、主人公が強いわけです。剣を取ったら。
    もう、とにかく強くて笑っちゃう。その意味でも、司馬さん版「ゴルゴ13」。
    あんまり強いんで、どんどん「絶体絶命の危機」がきつくなるのだけど、徐々にだれてくる(笑)。
    しかもその剣技が、よくわからない(笑)。
    とにかく精神論みたいな気合いみたいな感じ。
    時代劇ヒーローで言うと、眠狂四郎の円月殺法みたいな。「なんじゃそりゃ」な感じです。
    恐らくは週刊誌連載でしょうから、終わり際なんて、「うーん、作者の方が飽きたんぢゃなかろうか」という手触りが、なんともはや、微笑ましいレベルでした。

    #

    やっぱり、こういうの書かせたら、池波正太郎さんとかのほうが、オモシロイ。

    …と、書いている司馬さんも思ったのではないでしょうか(笑)。
    続きを読む

    投稿日:2017.12.19

  • pironas

    pironas

    読みながらここに書く感想を考え始めてしまうくらい、ぼうようとした印象の、眠くなってくる物語だった。主人公は架空の志士で、高杉晋作に息を吹き込まれ、人を切り死線を潜ってあっちへこっちへなんとなく流されながら動いている。剣客より、政治家や革命家の物語の方が好きだから、これはいまいち好みでないと思ったけれど、幕末オールスターズ☆といったかんじで、無数の巨星が登場する。そこがよかった。一通りしばりょ先生の幕末ものを読んできたあとだけに。高杉晋作、桂さんにはじまり、西郷どん、中村半次郎、新撰組、勝先生、龍馬!!次は誰が来る?!そういう風に楽しんだ上下巻でした。続きを読む

    投稿日:2017.06.16

  • Talking Heads

    Talking Heads

    司馬遼太郎の作品にありがちなのだが、作品のプロットが途中で変わってきてしまっている。
    小栗上野介の暗殺の件はどうなったんだ?晋助を仇と狙う菊絵はどこへいったんだ?という感じ。
    最後も尻切れとんぼで終わってしまい、なんだか腑に落ちなかった。続きを読む

    投稿日:2015.10.21

  • あやごぜ

    あやごぜ

    架空の剣客・天堂晋助と、実在の“幕末オールスターズ”達との絡みが自然で、晋助は実在したのでは?と思わせるものがあります。さすが司馬さんですな。
    ただ、ラストが唐突で、結局、菊絵やお里はどうなったのか気になります。。。続きを読む

    投稿日:2015.06.14

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。