終生ヒトのオスは飼わず

米原万里 / 文春文庫
(19件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
5
5
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ki7665

    ki7665

    ご自身のペット共生の、あるいみ壮絶なエッセイ。
    気持ちはとってもよく分かりました。
    ペットは飼っていないということもありますが、よそのお宅のペットは、あくまで別家族。人も一緒ですよね。そこまでは共感できなかったです。続きを読む

    投稿日:2019.03.03

  • ykikuchi

    ykikuchi

    "米原さんの四足家族を語ったエッセイ。
    動物たちへの愛情あふれる日常が垣間見れる。
    あとがきには、米原さんが逝ってしまった後の顛末も秘書の方が書いてくれている。"

    投稿日:2018.11.23

  • reinou

    reinou

    このレビューはネタバレを含みます

    2010年(底本2007年)刊行。

     動物(著者の飼い犬・飼い猫など)をテーマにしたエッセイ。私の家族は動物を飼っておらず、本書に関しては、個人的な興味や嗜好とはかなり離れた内容である。ただし、本書にある著者の父・祖父評は別儀だ。

     ところで、本筋とは関係ないが、本書を含む著者の文体、なかでも一文毎の繋がりや文の連鎖が、文脈や意味を掴まえる上で、上手いなぁという印象。接続詞を使わなくとも、いや使わないことで読みやすくなっている不思議さに感銘を受けた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.12.15

  • ざざあるいは電気羊

    ざざあるいは電気羊

    万里さんの犬や猫への愛情ったらすごい。自分はどちらも飼ったことないのでピンとこないが猫にも精神的ケアが必要なんですね。ゲンちゃんは今どこにいるのだろう?天国で著者と再会できただろうか。

    投稿日:2014.09.18

  • smallchini

    smallchini

     著者が一緒に暮らした猫たち犬たち、ご近所の人や友人、仕事について書かれた前半部と趣を異にする自身の生い立ちや両親、言語についての後半部から成る本書は目のつけ所のニクい映画の二本立てのよう。
     ほんわかした装丁デザインを気持ちよく裏切ってくれる著者の骨太な筆致、生き方はひれ伏したくなるほど熱い。仕事にも動物にもなぜこんなあふれんばかりのエネルギーで向い合うのか合えるのか、後半の生い立ちが種明かしのようになっている。後半部は「文藝春秋」「諸君!」への寄稿の再録でテーマは憲法第九条からロシアの叙事詩と多岐にわたるが掲載後十年以上たった今も深く刺しこんで来る。憲法第九条を「貞操帯」に喩える彼女の重くも軽やかなセンスは外国語や他の文化に半分以上足を突っ込んでることにも無縁じゃないのだろう。猫好き、犬好き、言語好きな人は全員読むとよい。続きを読む

    投稿日:2014.06.14

  • librarylovers13

    librarylovers13

    しぬまで独身だった著者が飼っていた猫や犬について書かれたエッセイです。ペットは家族という意味を履き違えていない著者の”家族”へのやさしさに心がほっこりしました。

    九州大学
    ニックネーム:山本五朗

    投稿日:2013.11.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。