花のような女

大田垣晴子 / MF文庫ダ・ヴィンチ
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 2.0
0
0
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 出雲一寸

    出雲一寸

    「花のような女」2

    著者 大田垣晴子
    出版 メディアファクトリー

    p52より引用
    “固有の匂いを持っていることには意味がある。”

    画文家である著者による、
    季節の花のイメージを女性に重ねて書かれたエッセイ集。
    イラストも全て著者による物で、
    実体験や友人の体験などをほのぼのした調子で語られています。

    上記の引用は、
    ドクダミについての項の中の一文。
    この様に述べておきながら、
    体臭の強いのがマズイとか消臭はエチケットとか言っています。
    確かにあまりにも不潔にしていて人前に出るのは、
    どうかなと思います。
    ですが、
    清潔にしていて出る体臭を消してしまうのは、
    あまりにも不自然で生物として無理があるのではないでしょうか。
    とはいう物のどの程度まで許せるか、
    我慢できるかは個人によるので、
    著者の言うとおり難しい問題だと思います。
    どの様な匂いであっても受け入れられるような、
    度量の広い人間になりたい物です。
    この本を読むと、
    女性でいるのは大変だなぁと改めて思います。

    ーーーーー
    続きを読む

    投稿日:2011.04.04

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。