ソード・ワールド2.0リプレイ from USA 4 魔神跳梁 ―デーモンランブル―

ベーテ・有理・黒崎, グループSNE, 北沢慶, 双葉ますみ, H2SO4 / 富士見ドラゴンブック
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
3
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • bukuroguidkodama

    bukuroguidkodama

    セレ姐さんとフレイアがお荷物扱いでやや期待はずれ
    まあPCのキャラが立ってきているのにこれ以上必要ないか
    あとどうでも良いイラストより
    リプレイしか読まないひとように敵のイラストを入れて欲しい

    投稿日:2018.12.09

  • taki16

    taki16

    4巻までくるとさすがにプレイヤーとの付き合い方に慣れてくるようであまり米国とのギャップにもだえたり考えたりするところが少なくなった。それがこのリプレイの面白いところだと思ったのに残念。4コマには少しだけ「アメリカでは〜」ネタがあって面白かった。続きを読む

    投稿日:2018.10.23

  • yasuhironoma

    yasuhironoma

    結構引っ張った割にはラストがあっさりしすぎた気がする。
    少し前までは、アメリカスタイルと日本スタイルの違いと言う目新しい部分で引っ張っていったと思うんだけど、割と普通の感じになってしまったのが残念。
    あと、クリフがどうしても浮いてる感じがして、慣れない。
    次から心機一転初心な感じだといいなあとか。
    続きを読む

    投稿日:2013.07.21

  • 深海いわし

    深海いわし

    因縁の対決。このレベル帯になると強さが実感できてくる印象です。でもまだこの巻では前哨戦みたいな雰囲気なので、続きでどうなるのか楽しみ。

    投稿日:2013.01.20

  • s-kaze

    s-kaze

    今回クリフがちょっとはじけすぎじゃないかなー。本編と関係ないところでの暴走が目立つ気が…GMはそういうところもうまく拾ってマスターしてるのはさすがだと思います。
    やりたいシチュエーションにこだわりながらも、ストーリーを破綻させることなくシナリオを導く手腕も高いですし、今後も期待です。続きを読む

    投稿日:2012.10.24

  • rins

    rins

    from USAシリーズの4作目、ザルゲア関連のゴタゴタをひとまず片付けるような形です。

    起こっている事件の重大さやら、それを解決していくPLの動きやらと、相当面白い部類に入るリプレイかと思うのですが、やっぱり残念なのはところどころに入る残念な下ネタの類。2巻あたりに比べたら相当薄まったとは思うのですが、だから別に要らないんですってばそういうの、とはやっぱり言いそうになります。
    (あと挿絵がなんかこう「いやそこじゃない」感がチマチマするのは私だけなのだろうか……)

    ちょっと「from USA」な感は薄れてきちゃってるかもしれません。
    それを差し引いても、(新米女神以外の)SW2.0リプレイの他のシリーズに比べるとかなり面白いリプレイかとは思うのですが……。
    続きを読む

    投稿日:2011.11.27

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。