続・岳物語

椎名誠 / 集英社文庫
(35件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
7
14
7
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • takahirokazama

    takahirokazama

    岳物語の続編。どのような時間を息子と過ごすか。関わり過ぎてもダメだし、関わり過ぎなくてもダメなんだろう。そのバランスを悩むのも、大事な時間なんだろうね。こんな時間もあと数年かなとしみじみ思う。。

    投稿日:2018.10.09

  • kazuhisachiba

    kazuhisachiba

    そして小学生から中学生に変わろうとも,親と子の関係性は何も変わることがなく,お互いの精神的な依存関係が無く,一個の独立した大人として認め合う関係性が形成される.言うは易く行うは難し.大きくなるにつれ社会との関係が深くなったとき,岳青年はこの国を,そしてこの社会をどのように感じるだろうか.続きを読む

    投稿日:2018.08.28

  • ajishio

    ajishio

    前作「岳物語」から立て続けに読了。岳くんが小学校高学年から中学生入学までのお話で、精神的に親から自立して少しずつオトナのオトコに成長していく様子が描かれている。男の子を育てている父親という立場の人が読むと、この岳物語シリーズは相当に感情移入できると思う。そして息子と共に旅に出たくなるだろう。自分がまさにそれだ。椎名家の子育ては一般的な家庭と比べるとかなり特殊ではあるが、そんな風に育てられた少年がどんな青年になり、そして現代社会でどのような生き方をするのかとても興味深い。続きを読む

    投稿日:2018.07.22

  • ntsyk20

    ntsyk20

    徐々に父親から離れていく岳の姿に、父の立場としての寂しさと、息子としての立場の切なさ、両方を感じた。
    中学に入学するまでの残り10年弱、あれもしたいし、これもしたいし。ロードマップでも描いてみようかな続きを読む

    投稿日:2017.09.27

  • ありんこゆういち

    ありんこゆういち

    内容(「BOOK」データベースより)
    ご存知、シーナさんちの岳少年。男の自立の季節を迎えている。ローバイしつつ、ひとりうなずく父親シーナ。子と父のやさしい時代が終わり、新しい友情物語が始まる。大好評「岳物語」PART2。

    岳くんが自立を始めて椎名さんサミシイの図です。返す返すも我が父のしょうも無さが思い出されます。こんな父親欲しかったですなあ。
    犬ガクもまだまだ若くて元気で、ずっと見守っていた読者としては再読なのにホロリとします。
    野田知佑さんも若いからはつらつとしてかっこよくて、こんな環境に居た岳くんの事がうらやましい。
    この本が切っ掛けでこの親子長い断裂期に入ってしまうのですが、今は孫に囲まれて幸せそう。いい人生送ってますね。
    続きを読む

    投稿日:2017.05.14

  • takemog

    takemog

    『岳物語』に続いて購入。

    思春期に入りつつある岳少年と、シーナおとうの物語の後編。
    親離れ・子離れがはっきりと始まっていく親子の、どこか甘く、何となく切ない雰囲気が、なかなかいい。

    投稿日:2015.08.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。