フェルメール 静けさの謎を解く

藤田令伊 / 集英社新書
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
0
5
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 0107springsteen

    0107springsteen

    何でもそうですが、絵画鑑賞には周辺知識が必須。それが絶対的に不足していると痛感しましたわ。
    それにしてもデルフト眺望はmasterpieceと呼ぶに相応しい。

    投稿日:2017.08.27

  • nakaizawa

    nakaizawa

    (2016.02.11読了)(2014.07.18購入)
    1月に、「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」でフェルメールの「水差しを持つ女」(メトロポリタン美術館)を見たので、手元にあったこの本を読んでみました。展覧会場に展示してあるフェルメールの絵は、「水差しを持つ女」ただ1点のみです。
    ―――――――――――――――
    フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展
    主催:朝日新聞社
    場所:森アーツセンターギャラリー
    会期:2016年1月14日~3月31日
    観覧料:¥1,600
    本展覧会では、60点の作品を通して、オランダ黄金時代と当時活躍した画家たちを紹介します。フェルメール、レンブラント、フランス・ハルスなど、黄金時代を彩った巨匠たちの作品によって、当時の文化と人々の生活がよみがえります。
    ―――――――――――――――
    フェルメールの絵画は、わかる範囲で、振り返ると、下記のような展覧会で、少しずつ見てきました。10数点見ているようです。

    1984年「マウリッツハイス王立美術館展」国立西洋美術館
    ③ディアナとニンフたち(1655〜1656年頃)マウリッツハイス美術館
    22真珠の耳飾の少女(青いターバンの少女)(1665年頃) - マウリッツハイス美術館
    2000年「レンブラント、フェルメールとその時代展」国立西洋美術館
    31恋文(1669〜1670年頃)アムステルダム国立美術館
    2004年「栄光のオランダ・フランドル絵画展」東京都美術館
    25絵画芸術(1666-1667頃) -ウィーン 美術史美術館
    2005年「ドレスデン美術館展 世界を映す鏡」国立西洋美術館
    ⑥窓辺で手紙を読む女(1657年頃)-アルテ・マイスター絵画館
    2007年「フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」国立新美術館
    ⑨牛乳を注ぐ女(1658-1660年頃) - アムステルダム国立美術館
    2008年「フェルメール展 -光の天才画家とデルフトの巨匠たち-」東京都美術館
    ①マリアとマルタの家のキリスト(1654-1655頃) - スコットランド国立美術館
    ③ディアナとニンフたち(1655〜1656年頃)マウリッツハイス美術館
    ⑦小路(1658年頃) - アムステルダム国立美術館
    ⑪ワイングラスを持つ娘(1659〜1660年頃)ヘルツォーク・アントン・ウルリッヒ美術館
    ⑱リュートを調弦する女(1664年頃) - メトロポリタン美術館
    33手紙を書く婦人と召使(1670年) - アイルランド国立絵画館
    37ヴァージナルの前に座る若い女(1670年)個人蔵
    2009年「ルーヴル美術館展 -17世紀ヨーロッパ絵画-」国立西洋美術館
    30レースを編む女(1669-1670年頃) - ルーヴル美術館
    2011年「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」 Bunkamuraザ・ミュージアム
    29地理学者(1669年頃) - シュテーデル美術館
    2012年「フェルメールからのラブレター展」Bunkamuraザ・ミュージアム
    ⑮手紙を読む青衣の女(1663〜1664年頃)アムステルダム国立美術館
    ⑳手紙を書く女(1665-1666年頃) - ワシントン・ナショナル・ギャラリー
    33手紙を書く婦人と召使(1670年) - アイルランド国立絵画館
    2016年「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」森アーツセンターギャラリー
    ⑰水差しを持つ女(1664〜1665年頃)メトロポリタン美術館

    一番印象に残るのは、「真珠の耳飾の少女(青いターバンの少女)」でしょうね。今後みたいのは、「デルフト眺望」です。

    この本のテーマは、題名通りで、フェルメールの代表作とされる作品から受ける印象が、「静けさ」であるのは、なぜなのか? という理由を解明しようというものです。
    その代表作は、カラーの口絵として、掲載されています。その他のフェルメールの作品とされているものは、モノクロ写真ではありますが、収録されていますので、フェルメールの作品の図録代わりとしても利用できます。

    【目次】
    はじめに
    第一章 フェルメールブルー
    第二章 構図と素材の秘密
    第三章 女たちの姿態
    第四章 剥奪される意味
    第五章 穏やかな光、霞む空気
    第六章 静けさを描くことの理由
    第七章 静かでないフェルメール
    あとがき
    参考文献・引用文献一覧

    ●ラピスラズリ(26頁)
    かつてヨーロッパで使われたラピスラズリはアフガニスタン産だったと考えられている。ラピスとは「石」を表すラテン語、ラズリとは「空」を意味するペルシア語だったのはそのためで、したがって、ラピスラズリとはまさしく「天空の石」なのである。天空の石ラピスラズリの輸送にはもっぱら地球海航路が使われた。それでラピスラズリから得られた青い顔料はウルトラマリンブルー、すなわち「海を越えてくる青」と名づけられた。
    ●先行する画家(60頁)
    フェルメールが、部屋の中で一人あるいは少数の人物がひそやかに何かをしている静かな風俗画を描くようになったのは、まったくのオリジナルではないと考えられている。先行する画家がいて、いわば、その真似をしているわけだが、その先行していた画家、すなわちフェルメールが倣った画家にヘーラルト・テル・ボルフとピーテル・デ・ホーホがいる。
    テル・ボルフはフェルメールより15歳年上で、デ・ホーホは三つ上であった
    ●現実を忠実に(72頁)
    テル・ボルフやデ・ホーホには、主題は別として描き方においては、できるだけ現実を忠実に再現描写しようとする意図が見受けられる。
    ●静謐感(78頁)
    フェルメールは一つの作品を描くにあたって素材を削除する修整をたびたび施したが、時系列的に見ても素材が削除あるいは整理されて行っていることがわかる。これは、前章で取り上げた色の変化と同じ過程を思わせる。初期には多くの色が使われていたのに、≪青衣の女≫にいたるとわずか数色に減ったのと同じように、素材の数も時間が経つにつれて少なくなっている。つまり、色も素材も減っているのだ。そうなれば静謐感が高まるのは理の当然である。
    ●創造画家へ(87頁)
    フェルメールは、マーケットの将来性を見越して宗教がかから風俗画化へ転身していったとはよくいわれるところだが、筆者には、ただ単に題材を変えジャンルを変えたというだけではなく、より深い部分では現実の再現描写に飽き足らない、独自の「絵画世界」創造へと歩みだしたということが転身の核心であり、それとともに、いわば、〝写実画家〟から〝創造画家〟へと変貌していったというのがことの本質に思える。
    ●ミニマルアート(123頁)
    ミニマルアートの本来の意義は、どこまで意味性を削ぎ落してアートとして成立可能かを極限まで追求する点にある。
    他の何ものにも頼らずアートそれ自体で成り立つ純粋なアートへの求道である。
    ●フェルメールの子ども(184頁)
    フェルメールと妻カタリーナのあいだには多くの子どもが生まれている。フェルメールには14人の子どもがいたといわれている。子どものうち4人は乳幼児のあいだに死亡し、あとは育ったらしい。

    ☆関連図書(既読)
    「フェルメール」黒江光彦著、新潮美術文庫、1975.04.25
    「フェルメール光の王国」福岡伸一著、木楽舎、2011.08.01
    「繁栄と衰退と」岡崎久彦著、文芸春秋、1991.06.30
    「絵画を読む」若桑みどり著、日本放送出版協会、1992.10.01
    (2016年2月12日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    レンブラントやゴッホと並び、いまやオランダを代表する画家になったフェルメール。彼には“静謐の画家”という異名が冠せられている。しかし、「なぜフェルメールの絵が静かなのか」という問題が真正面から語られたことはなく、専門書にもその理由は記されていない。本書は、フェルメールの絵における色彩や構図、モチーフ、光などへの考察をはじめ、一七世紀オランダの時代背景や精神文化に至るまでを分析し、フェルメールの静けさの謎に迫る。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.12

  • post nubila phoebus

    post nubila phoebus

    フェルメールはなぜ"静謐の画家"と呼ばれるのか。

    分析の対象として
    《窓辺で手紙を読む女》
    《牛乳を注ぐ女》
    《窓辺で水差しを持つ女》
    《青衣の女》
    《真珠の耳飾りの少女》
    《天秤を持つ女》
    《真珠の首飾り》
    といった作品がメインで取り上げられています。

    フェルメールの絵画が静かに見えるということについて、色、構図、描かれた女性、意味(寓意)、光を手掛かりにしながら、著者なりの仮説が提示されます。

    様々な要素からの解説は、フェルメールにとどまらず、あらゆる絵画を見る時の参考になるものもあり、鑑賞の一助となる本かと思います。
    続きを読む

    投稿日:2016.01.02

  • bax

    bax

    [ 内容 ]
    レンブラントやゴッホと並び、いまやオランダを代表する画家になったフェルメール。
    彼には“静謐の画家”という異名が冠せられている。
    しかし、「なぜフェルメールの絵が静かなのか」という問題が真正面から語られたことはなく、専門書にもその理由は記されていない。
    本書は、フェルメールの絵における色彩や構図、モチーフ、光などへの考察をはじめ、一七世紀オランダの時代背景や精神文化に至るまでを分析し、フェルメールの静けさの謎に迫る。

    [ 目次 ]
    第1章 フェルメールブルー
    第2章 構図と素材の秘密
    第3章 女たちの姿態
    第4章 剥奪される意味
    第5章 穏やかな光、霞む空気
    第6章 静けさを描くことの理由
    第7章 静かでないフェルメール

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]
    続きを読む

    投稿日:2014.10.08

  • 黄身

    黄身

    フェルメールの特徴を「静けさ」という観点から述べている一冊。フェルメールの絵の魅力の秘密が分かりやすくまとめてあるので、フェルメールに興味のある人は読んでみたらいかがだろうか。個人的にはデ・ホーホとテル・ボルフの絵画を一度見てみたいと思った。続きを読む

    投稿日:2012.10.31

  • palmleaf

    palmleaf

    フェルメールの絵の魅力を、文字通り分析して伝える。著者がフェルメールの特別な部分として「静謐」や「青」を語るとき、自分がフェルメールの絵に惹かれるのがまさにそこにあることを気がつかせてくれる。
    「真珠の首飾りの少女」の耳飾りの真珠がその位置では光らないことを実験で確かめたのは篠山紀信氏だそうだが、言われてみれはその通りだ。「牛乳を注ぐ女」を照らすために、窓ガラスを割っている厳密さと、対照的な行動である。真珠を光らせるために少女の顔の向きや光線の照射線を動かして思い通りの絵を作ろうとする試行錯誤や、最後に有り得ない光の反射を書き込むかどうかの葛藤など、描いている画家の心の動きに思いを馳せる事ができる。
    普段絵を見る機会も少なく、また絵の解説なども読まない私は、著者の趣味の研究成果を楽しんで読む事ができたし、絵の見方を広げる事ができた。
    続きを読む

    投稿日:2012.04.09

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。