ダイアナ 最後の恋

ケイト・スネル, 大城光子 / 竹書房文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • seasideparadise

    seasideparadise

    離婚後のダイアナについてはいろいろ言われていたけれど、たぶんこれが本当のことなのかな、と思う。
    それにしても読んでいるとけっこう性格的に屈折した部分もあり、美人というだけで(それと身分が高い)回りは嫌がらずに付き合ってくれるのだなぁ、とか。そして財力があると気軽に行えることが庶民とはやはり違うなぁ、とか。続きを読む

    投稿日:2018.02.20

  • myusmyus12

    myusmyus12

    先日は、ダイアナの元執事ポール・バレルが書いた著書を読んだが、
    執事のため、明かせなかったプライベートを知ることができた。

    「ほんとうのダイアナ」を理解するには、まず幼少期に目を向ける必要がある。
    と、人格形成に重要な幼少期からふり返っている。

    パキスタン人心臓外科医ハスナット・カーンとの知られざる恋。

    マスコミと良くも悪くも切り離しては、生きていけなかったダイアナと
    病的までにもメディアを毛嫌いしたハスナット。

    映画「ダイアナ」の原作である。
    続きを読む

    投稿日:2016.11.05

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。