印象派の名画はなぜこんなに面白いのか

井出洋一郎 / 中経の文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kimikokumiken

    kimikokumiken

    絵画の本と言えば、分厚くて、大きなサイズの本しか、手に取ったことが無かったのに、この本は、文庫本と同じ大きさで、どこにでも、持っていける。
    また、質疑応答の説明で、そうだったのか!と、もう一度、絵を眺めてしまう。
    美術館に行っても、ざ~っとしか、目に入っていなかったのが、この本で、情景、社会背景、光の分析などなど、興味深い視点からの見方を、教えてくれる本である。
    私は、絵画に深く、接していない初心者(ブータン、バジール、シスレー、カイユボット、ゴンザレス、カサット、も、知りませんでした。)なので、、この鑑賞ガイドは、これから、美術館に行くときに、持参できて、重宝すると、思う。

    この本の他に、「聖書の名画はなぜこんなに面白いのか?」
    「ギリシャ神話の名画はなぜ紺に面白いのか?」「ルーヴルの名画はなぜこんなに面白いのか?」と言う本も、中経出版から出ている。
    ゆっくり、読んでみたいと、思う。
    続きを読む

    投稿日:2014.02.08

  • panda88

    panda88

    このレビューはネタバレを含みます

    印象派前のコロー、ミレー、クールベから、マネ、モネ、ルノワール、シスレー、新印象派、ポスト印象派、象徴主義等を網羅。コンパクトにまとまっていていいです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.03.16

  • Sara

    Sara

    井出先生による「~の名画はなぜこんなに面白いのか」シリーズ。
    今回はとうとう先生のご専門である「印象派」をご案内。

    本を読んだ限りでは、この本の執筆にあたっては井出先生も相当に苦労されたのだろうなぁと感じる。
    ギリシア神話や聖書を題材にした名画や、はたまたイタリアンルネサンスの名画は、とりあえずアトリビュートや背景となる物語、ルネサンス思想、遠近法などに関する薀蓄を並べておけば、ちゃんと美術史教本として仕上がるし、そこそこ(そういう本を手に取る読者にとっては十分な程度には)面白い本になる。
    一方、印象派まで来てしまうと、はたしてこの絵の何がそんなに画期的で凄かったのか、それを説明することはなかなか難しい。観る者の感性に問いかけるしかないところも大きいし。

    ということで、それを少しでも面白く、分かりやすくするために「ギャラリートーク」形式を採用している。
    スラスラ読めて面白かったけれど、やっぱり内容としては少し薄めになってしまったかなーという印象は否めない。
    とは言いつつ、印象派が当時どのような評価を受けていたのか(「死体の肌の色」って…まぁ、言われて見てみるとそんな感じもしなくはない)等も分かり、今回も勉強になりました。
    続きを読む

    投稿日:2012.09.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。