「ことば」に殺される前に

高橋源一郎 / 河出新書
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • シマクマ君

    シマクマ君

     「戦後」という歴史的時間が終わることが、たとえば柄谷行人や加藤典洋によって語られていたのは1990年代の終わりだったでしょうか。
     戦後が終わった後に来るのは、どうも「戦前」ではないかという嫌な予感がありましたが、今や文字通り戦前的な社会が現前しつつある空気感ですが、おそらく、そんな空気にを膨張させる「ことば」による全体主義化に警鐘を鳴らしているところが高橋源一郎の真骨頂というべきでしょうか。
     いつものことともいえるのですが、最先端の『ことば』世界を指し示す高橋の手つきがぼくは好きです。
     ブログにも書きました。覗いていただければ嬉しいです。
     https://plaza.rakuten.co.jp/simakumakun/diary/202108310000/
    続きを読む

    投稿日:2021.12.03

  • hifumi1232001jp

    hifumi1232001jp

    順番に読み進めて、なるほどと思っていた箇所がたくさんあったはずなのに、後半のA・Tさんへの私信を読んだら、これまで読んだ内容が一気に吹っ飛んでしまったほど、良いメッセージでした。読んでほしい人、理解してもらえるであろう人に作品を送りつけるのではなく、見つけてもらえるよう書き続けることが大事で、源一郎さんですら、作品を書き終えれば、ゼロに戻る、無名の新人と同じと書いてありました。誰かに読んでもらえるまで孤独な作業ではなく、書いている自分自身には報酬があると思えるか。こんな風に穂村弘さんが高橋源一郎さんに発見されたストーリーを読んだばかりだったので、ぐっとくる内容でした。続きを読む

    投稿日:2021.09.11

  • harumi nakano

    harumi nakano

    Twitterの連続ツイートが本に。
    Twitterでリアルタイムには読んでいないが、やはり本になったほうがなんだか重みがある(この考え方がそもそも古いのかも)
    著者のゼミを受けた学生が羨ましい。
    業に贈る言葉、愛を感じます。

    いろいろな考え方があるなか、一方通行にならないそれぞれの主張が交わるとき、SNSのメリットが発揮できるのだけれど・・・
    なかなか思いを文字に起こすことはもどかしく、言葉の力は大きいけれどそれを表現するのは難しいこともしかり。
    続きを読む

    投稿日:2021.08.30

  • 穂苅太郎

    穂苅太郎

    「歩きながら考える」はどれも珠玉。何年かかってもよかったのでこれだけ集めて欲しかった。朝日新聞の検索で得られた写真付きのものの方が良い。なんなら開高健の「オーパ!」のような大型本でも。
    全体の3/4はTwitter で発表されたものを集めたものだがそもそも最新のものが2012年と古く時事問題に言及しているものが多くそもそもリアルタイムでこそ浸透してくる力があったはずなのだ。
    一つ一つの言説はさすがに深くて、Twitter とはいえ作者も述べているように文章や文脈の構成はそんじょそこらのエッセイやましてや他の例えば小説家であってすら雑になりがちな Twitter とは隔世の感がある。
    繰り返すが古すぎるんだ。Twitter がまとめられたものが商品として売っているのなら購入することすらやぶさかではない。せめて Kindle で読めば良かったのだろうか。
    続きを読む

    投稿日:2021.07.25

  • dai-4

    dai-4

    もう10年も前にtweetされたものだけど、なるほど、ヘイト溢れる昨今のSNS界隈にこそ、その風潮に対する疑問として機能する。ならではの読書論もふんだんに盛り込まれていて、小説は苦手だったけど、エッセイについては、今回も変わらず堪能させて頂きました。続きを読む

    投稿日:2021.06.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。