黒蜘蛛島

田中芳樹 / らいとすたっふ
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
4
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • goya626

    goya626

    今回はカナダの西海岸バンクーバーの隣のビクトリア市が舞台。風光明媚というか絶景らしい。行ってみたいものだ。女王陛下薬師寺涼子警視の敵は怪奇黑蜘蛛だ。話としても面白いし、涼子と泉田準一郎とのやり取りも笑える。アクションも満載で爽快さもいい。いつもの官僚、政治家へのこき下ろしも控え目でうるさくない。続きを読む

    投稿日:2020.06.16

  • koneko3618

    koneko3618

    豊かな自然に包まれたカナダの大都会バンクーバー。
    出張捜査でかの地を踏んだ薬師寺涼子警視は、高圧的な外交官僚を挨拶代わりにおシオキする。
    続いてハリウッドの超大物プロデューサーから女優としてスカウトされたお涼サマ。
    ウジャウジャ出てくる悪役相手に、演技ではないスーパー・アクションで戦闘開始。
    続きを読む

    投稿日:2012.11.21

  • nur1202

    nur1202

    政治批判が微妙に鼻につくのはいつものこと。(^^;
    ホラーにしてはお気楽すぎるし、伝奇ものにしても微妙に中途半端。
    真相の一つについても、「そういや、当時そういう設定の小説がたくさん出たっけなぁ」くらいの印象で、なんていうんだろう、陰惨さに欠ける感じですね。
    作者らしいといえば作者らしいということでしょう。

    ツンデレだし、メイドは出るし、そういうファン層には受けるんでしょうかねぇ?
    普通な感じに楽しめはするので、そうけなすこともないんだろうけど、なんだか印象が薄いんだよなぁ。
    続きを読む

    投稿日:2011.03.06

  • 琴師 命

    琴師 命

    ドラ避けお涼第五弾。


    カナダ・バンクーバーを舞台に・・・・・・って、タイトルが不穏なんですが・・・・・・(ーー;)(←蜘蛛恐怖症)

    今までのシリーズからすると抑えめかな?

    く(以下略!)だから

    個人的には、物足りないので「千葉なのに東京と銘打った某巨大遊園地で大暴れ」と解説で語られた次作に期待です。

    く(以下略!)はもう嫌ぁぁぁあ(T_T)エグツ
    続きを読む

    投稿日:2010.06.18

  • バフィ

    バフィ

    怪奇事件簿シリーズ第5弾。
    今度はカナダにご出張の二人です。
    今回は、少し女性的な一面を見せてくれたお涼様です。

    投稿日:2010.04.30

  • あゆむ

    あゆむ

    今回はカナダでの大活躍なお涼様(はぁ〜と)赤毛のアンのくだりの場面では笑わせてもらった。いえ、アンの大ファンですが・・・なにか?(笑)

    投稿日:2009.05.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。