【感想】仕事で大切なことはすべて尼崎の小さな本屋で学んだ

川上徹也, 佳奈 / ポプラ社
(26件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
8
12
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • はまだかよこ

    はまだかよこ

    ネットでAmazonのおススメについ乗って買ってしまった
    面白くてあっという間に読み終えた
    「取次」という仕事
    東京と大阪
    町の本屋さんの大変さ
    (わが町に本屋が無くなったよおおお( ;∀;))

    西のビミョウなニュアンスはうふふ

    それにしても小林書店の由美子さん
    なんてす・て・き!
    エピソードのどれもいいわあ
    そしてお連れ合いがまた最高

    私の夫が若い頃下宿していたところなのでちょっ尋ねてみた
    「えー知ってる!よう本買いに行った。あのおばちゃんが本になっとんか!」
    びっくり仰天
    貸してあげました(笑)

    ≪ もうからん 本屋は手渡し 温かく ≫
    続きを読む

    投稿日:2024.01.28

  • はまひるがお2023

    はまひるがお2023

    成功物語は読んで、気持ちが高まります。一気によみました。どてらい男を思い出しました。面白かった。ガンバロウ

    投稿日:2024.01.22

  • ちーちゃん

    ちーちゃん

    小林書店に小さい頃よく通っていて。
    本屋で見つけた話してたらたまたま母も購入していたので借りて読みました。

    最初は、とんだ常識知らずの女の子が主人公なんやって、むりくり読んでたけど、すごい読みやすくて。
    力強いメッセージというか、でも自分で主人公が考えて成長していくし、なによりお店の中とか情景が浮かぶし、懐かしくもあり、励まされもするし、人への感謝、助け合いのこころ、礼儀。そういうものを再確認させられました。
    2年半だけだけど、自分のなかで大切な経験と、人との繋がり、温かみを感じられた営業の仕事を思い出して、あの頃みたいに頑張りたくなりました。
    続きを読む

    投稿日:2023.04.02

  • KAZUMA

    KAZUMA

    主人公の行動力がすごい。

    人との繋がり、人情の大切さを痛感しました。
    エピソードが心にささりました。

    投稿日:2023.01.12

  • エル

    エル

    2022年61冊目。267ページ、累計16,671ページ。満足度★★★★☆

    裏の主人公・小林書店の由美子さんの8つのエピソードが「めっちゃいい」

    舞台となる尼崎の書店で、実際に話をしたから、余計に響いた続きを読む

    投稿日:2022.10.25

  • pokke

    pokke

    東京生まれ東京育ちの主人公・大森理香が出版取次の会社に入社し、いきなり大阪勤務を言い渡される。初めての一人暮らしや大阪の雰囲気に戸惑いながら、悩んだり壁にぶつかる度に営業先の小林書店の由美子さんの話を聴き、解決策を模索していく。由美子さんはもちろんダンナさんもとってもいい人で、エピソードを読むごとに何事にも感謝して前向きに行動しようと元気をもらえました。モデルの小林書店の存在は何度も前を通った事があり知っていたけど、そんな店主さんがいたとは。今度行ってみよう。続きを読む

    投稿日:2022.10.22

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。