リベラルの敵はリベラルにあり

倉持麟太郎 / ちくま新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
2
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 石幻果

    石幻果

    このレビューはネタバレを含みます

    合理的で強い個人を想定して作られた近代社会制度を、実は非合理で弱い個人を前提に作り直そう、という意見は面白い。

    またリベラルが弱い個人の「細分化、個別化されたアイデンティティ集団」(貧困層、女性、LGBTQ、護憲派等)の利益代弁者となることで、票をくれる彼ら上顧客以外の無党派層を政治に無関心にしていく面がある点、ネット空間におけるシェルターバブルやエコーチェンバーによって「部族化された私たち」がますます部族間で理性的な対話ができない点などの現状分析も面白い。

    ただ所詮コップの中の嵐。こんなリベラルを見限り無党派や自民党左派の支持へ流れたリベラリストへリーチを伸ばし支持を回復させなければ多数派は形成できないのに、なんか筆が空回り。もう少しリアリズムに徹して足元をみないとリベラルの復権は程遠いかな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.08.19

  • いっちー

    いっちー

    保守とリベラル。政治の事にちょっとでも関心がある方は、「果たして自分の思想はどちらに近いんだろう」って考えた事が一度はあったと思うのですが、実際はそんなに単純に分けれませんよね。私自身も「どちらかと言えば保守かな」って思う時もあればリベラルって言われてる人の意見に同意する事も多かったりと、良く言えばバランスが取れているのではないでしょうか♪(笑)
    話を戻すと、この本はいっとき世間を騒がせた倉持麟太郎さん著の、日本でリベラルって呼ばれている人達が欧米のリベラルとはだいぶ様相が違っている事(問題点)を指摘しつつ、ではどうすれば日本のリベラルが国民に理解されるかが書かれています。議題は憲法改正や安全保障、ネット社会、AI等、幅広く、著者の見識の広さが判ります。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.06

  • こうへい

    こうへい

    自分はリベラル寄りだと思っていたが、最近の多様性過ぎるリベラルについていけず、「もしかすると少し保守寄りにシフトした方がスキッとするのかも?」と思う事もままあったのだが、この本を読んでもうしばらくはリベラルに付き合ってみようか、と思わせてくれた。

    本書245ページ前後にある、「お互いを理解することによる歩み寄り」こそがリベラル本流の(同時に保守本流の)あるべき姿だと思う。

    評価は4+αだが、少壮気鋭の著者のこれからを期待して5、とした。今年評価5としたい本にもう一冊出会えるかな?

    平和書店TSUTAYA松ヶ崎店にて購入。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.29

  • けんしろう

    けんしろう

    現在の日本の腐敗した与党の現状、またリベラルを装い機能していない野党、そしてそれらにより運営されている「政治的なるもの」への分析が鋭く面白かった。
    政治への関わり方が考えさせられた。

    投稿日:2020.10.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。