目でみる数字

岡部敬史, 山出高士 / 東京書籍
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
2
1
3
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tonpei

    tonpei

    知っている事は「うん!知ってるぞ(^^)」と嬉しくなり、知らない事は「へぇ~そうなんだ( ゜o゜)」と賢くなった気になるこのシリーズ♪はかる数字の章が一番好き(*^^*)

    投稿日:2021.03.21

  • ganchan41

    ganchan41

    こういう企画ものは 表紙のハリセンボンの写真で売れ行きが決まるのでは?
    実は350本から400本が正解。フーン。
    一寸法師はお椀の船に箸の櫂は小さすぎて無理は笑える。コロナと花粉の大きさの違いはビニールプールとテントウムシの点一つ分の差というたとえは判りやすい。花粉用ガーゼでコロナウイルスが浮遊していれば防げない。実際は飛沫の中にたくさんのコロナウィルスがいるので、飛沫を防ぐマスクは有効という解説が欲しかった。続きを読む

    投稿日:2021.01.07

  • goya626

    goya626

    今年(2020年)の8月に出た目でみるシリーズの最新刊。面白い、非常に面白い。部屋にやって来た女房に写真を見せて「ハリセンボンって、針が何本あると思う?」と聞いてみた。「千本ってわけないよね。200本!」「いい線行ってるなあ。350本ぐらいだって」「じゃあ、千手観音って、千本手があるの?」「そんなにあるわけないでしょ。せいぜい300本ぐらいかな」「実はねえ、千本ある観音さんもあるんだよ」「へえ、すごいね。頑張って手を作ったんだね」というやり取りをさっそくやってしまう程、面白い。
    ・八つ手は8つに分かれていなくて、7か9か11に分かれている。
    ・七味唐辛子の七はちゃんと七種類の物が入っていて、八宝菜の八は多いということ。
    ・猫の前足の指は5本で、後ろ足は4本。
    ・5円玉の穴は0.5cmで、一円玉の直径は2cm、ペットボトルのふたは3cm、ピンポン玉は4cm、けん玉は6cm。
    ・横断歩道の縞模様の幅は45cm。
    ・全長1.2kmのアパートがある。防火壁の役割をする。
    ・浜辺から見える水平線までの距離は5km。
    ・月は毎年、地球から3.8cmずつ離れていっている。そのうち、どっかへ飛んで行ってしまうでしょうね。怖い。でも、何億年も先かな。
    ・四つ葉のクローバーがある確率は10万分の1。
    ・ピザをきれいに6等分する方法。ピタゴラスの定理を応用する。
    ・上腕と足の裏の長さは同じ。
    ・コロナウイルスの大きさは花粉の300分の1.
    ・使い捨てカイロは使うと重くなる。46gが54gに。
    ・愛宕神社の出世の石段の角度は40度。上から見ると真っ逆さまだろうな。
    ・虫の声は電話で聴くことができない。電話で設定(人の声だけを聴きやすくするため)している周波数から外れているから。
    ・徒歩1分は80m、車で1分は400mと決められている。
    写真も楽しいよ。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.16

  • hazel8483

    hazel8483

    シンプルに写真をふたつ並べて違いを楽しむ
    大好きなシリーズが
    また新刊を出してました〜。

    数に関する雑学の領域はなんでもありだと
    コラムに書かれている通り
    ハリセンボンの針の数やら
    花火の尺玉の比較やら
    シャッタースピードの違いやら
    楽しくて、ためになる数字がいっぱい!

    広告で「徒歩1分」とあれば
    およそ80メートルなんですって。
    あと地下鉄「○丁目」が
    大阪は偶数が多く、東京は奇数ばかり
    っていう小ネタが
    鉄子的には心にヒットしました(笑)
    続きを読む

    投稿日:2020.11.20

  • mendako

    mendako

    「目で見る」シリーズ!最新刊!

    ハリセンボンの写真がかわいい表紙。
    さて、ハリセンボンの針は何本?
    まあ、書いてあるので言ってしまうと、およそ350〜400本らしい。
    それでも結構ある!
    あの小さい体に!
    でも、これが閉じてる時もまたかわいいのだ。

    豆腐は地域によってかなり大きさが違うことがわかってびっくり。
    東京下町の人間なので、京都、沖縄の豆腐の大きさにはびっくり!
    これ、味噌汁に1丁入れたらかなりタプタプになっちゃうのでは?!
    それからレシピの読み方も変わってきそうだ。
    「豆腐1丁は多すぎです、☆2」なんてありそうだけど、基準の重さは必要ですな・・・・

    注射針の直径も載っている。
    インフルエンザワクチン摂取時は、どおりで痛いわけだ。
    そして私の血管は細いので、採血の時に苦労する。
    どおりで痛いわけだ!

    一寸法師は一寸でない(茶碗の舟に箸の櫂、とすると小さすぎる、らしい)とか、
    上腕と足裏の大きさがほぼ同じ(やってみたら上腕の方が長かった)とか、
    丸の内の31mライン(建物の高さ制限があった頃の名残、あの界隈は勤務先でもあったので大好きな街並みだ)とか、
    本当に美しくてタメになる知識、そして実際に行ってみたくなる、やってみたくなることばかり。
    さすが、教科書会社!なのだ。
    このシリーズは、小学生から楽しめる。
    ぜひ学校の図書館、図書室に置いて欲しい。
    この本一冊で興味が広がるはずだ。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.04

  • あるふれっと

    あるふれっと

    写真集なのか、サイエンス本なのか、どっちもいいところどりなのか、意外なサイエンスが楽しませてくれるし、写真の出来栄えもよい。ようは、面白い。

    投稿日:2020.09.29

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。