考えるナメクジ

松尾亮太 / さくら舎
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
3
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • harmonixy

    harmonixy

    考えるナメクジ 松尾亮太 さくら舎

    出合いの少ないナメクジの脳という内容に
    興味を持って読みだしてみた
    小さな脳が大きな仕事をしていることを
    愉しみながら思ったことは
    小さい脳がフル活用しているのに対して
    大きな脳はキャパを広げることで
    大きな仕事が持ち込むエネルギーの落差で起こす
    フリーズを避ける事ができると言う事実についてだ

    殻を持ったカタツムリと殻を捨てたらしいナメクジの
    両方が共に繁栄していることでもわかるように
    自然界は個々の進化だけを目的になどしておらず
    変化による多様な関係を生み出すことで
    無限を視野に入れた創造という世界観を
    追求しているのかも知れないと理解した
    続きを読む

    投稿日:2020.08.08

  • かげ

    かげ

    最近、youtubeで昆虫の動画ばかり見るようになり
    図書館で思わず手にした本。

    ナメクジって嗅覚が強いらしいです。
    めちゃくちゃ意外。
    あの見た目で犬的な要素があるとか…笑

    昆虫って人間と違う作りしていて
    本当に不思議になる。

    そして改めて、古代から存在している虫たちの能力が
    生殖能力で止まっているのに対し
    人間という生き物が二足歩行し
    人と会話し、考える力を持っていることが
    本当に奇跡的なことだって痛感する。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.04

  • kaze229

    kaze229

    著者の松尾亮太さんの
    紹介の一部に
    ーナメクジの学習機能、および嗅覚、視覚の研究に従事している
    と綴られてある。

    もの凄く 身近にいる生物
    だけれど
    では実態はというと
    ほとんど 知らない

    ダンゴムシ、アリ、ゴミムシ、…
    私たちの身の回りに居る生き物たち
    その ほとんどのことを
    私たちは 知らずに 暮らしている

    それだけに
    こうして(この本のように)
    実はね…
    と お話ししてもらうと
    それが いやはや 面白い 興味深い

    私たちの すぐ周りには
    素適な不思議で満ちている

    この世に
    ぜひ 存続して欲しい
    学問、研究対象だと
    読みながら 思わせてもらいました
    続きを読む

    投稿日:2020.06.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。