京都伏見のあやかし甘味帖 星めぐり、祇園祭の神頼み

柏てん / 宝島社文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 青竹

    青竹

    虎太郎の存在感がだいぶ薄かったですが、神様達の世界が当たり前になっている状況で現実世界に戻してくれる感じがします。
    晴明さんとのやりとりで、れんげの感想が「内容が半分もわからない」とありましたが、小説の話の歴史的な内容は難しいことが多く私もあまり理解できていないです。続きを読む

    投稿日:2020.10.25

  • ひるあんどん

    ひるあんどん

    れんげを守りたくて旅立つクロを連れ戻すため、牛頭天王に出された謎を解くため祇園祭の山鉾を巡るれんげ。祇園祭の華やかさが伝わってくる。行ってみたいな。黒烏との仲を嫉妬した虎太郎とも新たな展開。早く次が読みたい。続きを読む

    投稿日:2020.10.09

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    「一折 伏見稲荷とれんげと猫」
    探し続ける者と忠告する者。
    酷な事かもしれないが所詮、人間と妖であり交わる事など普通はないからな。
    どれだけ想いが強かろうと、その世界の理は簡単には壊すことは不可能だろうな。

    「れんげのうわばみ日記 ~ごはんや編~」
    たまには一人で立ち寄る事。
    誰かと居るのも楽しいだろうが、時には何も考えず一人でふらっとするのも息抜きにはいいだろうな。

    「二折 素戔鳴と牛頭天王」
    皆に止められ用が進む道は。
    彼女の中で答えがでているからこそ、多少の無茶でも行くべき場所を探し動けるのだろうな。
    自らの子孫たちがやり遂げた事や、自慢したい事など話し始めたら時間が足りないだろうな。

    「虎太郎の甘味日記 ~新しい風編~」
    デパ地下に新しく出来た店。
    自分の好きな売り場が削られてしまうと、仕方ないと分かっていても悲しくなるよな。

    「三折 星を探して」
    星を探して走り回るも結果。
    協力してもらうには当たり前だが対価が必要であるが、この世に存在しない物では無い点は救いだな。
    彼女は本物の星に固執しているが、実は揶揄であり星の様な何かというオチはないのだろうか。

    「虎太郎の甘味日記 ~行者餅編~」
    一年に一度しか味わえない。
    期間限定の品ならば少し猶予はあるが、その日限定の品となると争奪戦が凄そうだな。

    「四折 牛頭天王渡御」
    正解を見つけ向かうは敵の元。
    いくら幼い妖といえど、人間と妖の寿命の違いに気付かず修行に行くなんて危険すぎるだろ。
    今は自由にいつもの様な状況で入れぬ程、切羽詰まった状況になっているようだな。

    「虎太郎の甘味日記 ~インフルエンサー編~」
    自らの経験値を生かすことは。
    これまでの知識などを自分の中で留めず、少しでも誰かに向けて発信出来たら面白そうだな。

    「五折 宇迦之御魂大神の奪還」
    全ての始まりは狂った人間が。
    呪いにまで頼るぐらい心身共に限界だったのだろうが、その為に生き物を殺すのは間違いでは。
    口を滑らしたからこそ居場所は分かったが、あの場に現れたタイミングは最悪だったな。

    「幕間 虎太郎のひとりごと」
    後悔よりも先の未来へ向けて。
    気持ちに気付いてから行動に移すのが遅かったのは確かだが、それはお互い様だろう。
    続きを読む

    投稿日:2020.06.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。