ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない

大塚玲子 / SB新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 横浜商科大学図書館

    横浜商科大学図書館

    「ふつう」の家族とはどんな家族?シングル、養子縁組、LGBT、夫婦別姓、それぞれの家庭において事情があり形がある。何気なく使われている「ふつう」の家族という言葉に苦しんでいる人々がいるという事を再認識しました。

    https://opac.shodai.ac.jp/opac/search?q=%E3%83%AB%E3%83%9D+%E5%AE%9A%E5%BD%A2%E5%A4%96%E5%AE%B6%E6%97%8F
    続きを読む

    投稿日:2020.06.15

  • 305

    305

    "この社会には「子どもは親に対して、つねに感謝しなければいけない」という無言の圧力のようなものが強く存在しています。これは口封じのようなもので、子どもの苦しみをより増すところがあります。"(p.89)


    "「『私は親のことが大好き』というのと同じように、『私はね、嫌いなんだ』と言える世の中になれば、虐待された人のその後の生きづらさみたいなものも、ずいぶん減らしていけるんじゃないのかな」"(p.131)
    続きを読む

    投稿日:2020.04.13

  • mishuranman

    mishuranman

    このレビューはネタバレを含みます

    子どもにとってほしかったのは説明と責任がないことの確認。確かに。家族の形の多様化を認めることは認めにくいものを正しくないものにしないこと、が平気かどうか。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.02.19

  • 香菜子(かなこ/Kanako)

    香菜子(かなこ/Kanako)

    ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない。大塚玲子先生。定型家族、ふつうの家、そんな枠組みは現代社会に合っていません。配偶者間人工授精、非配偶者間人工授精、夫婦別姓、シングルマザーやシングルファーザー、養子縁組、精神疾患や虐待、LGBTなんていまや定形外でもなんでもなくて普通のこと。夫婦別姓や非婚家族のような定形外家族やふつうの家という言葉自体が早くなくなる社会になるべきです。続きを読む

    投稿日:2020.02.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。