論語と算盤

近藤たかし, 渋沢栄一 / 講談社
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
1
1
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • あずてん

    あずてん

    1万円札の顔になる渋沢栄一の話。
    漫画版なのでサクッと読めた。
    若くしてフランスに行き合同(株式)会社を学んで日本に持ち帰った。
    その後様々な壁を迎えるがその人望と日本を発展させるという気持ちで乗り越えていった。
    目標に向かって信念を曲げてはいけない事を学んだ。
    今でも現存するあらゆる企業(みずほ銀行・帝国ホテル・日本郵船・東京ガス・東京海上日動火災保険・アサヒビールサッポロビール)に携わっていたことを考えると凄く忙しかったけど楽しかったんだろうと思う。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.20

  • pinkfish

    pinkfish

    田園調布を整備したくらいしか知りませんでしたが、その行動力、人望を知ることのできる入門書。しっかりと活字で論語と算盤を読みたいです。

    投稿日:2019.12.09

  • 芥山健之介

    芥山健之介

    このレビューはネタバレを含みます

    わかりやすくてさっと読めたし、物語としても面白かった!

    渋沢栄一が何を成し遂げ、どういう人物なのかをサクッと知るために手にとったが、まさに目的達成できた本、オススメ。

    山縣有朋との掛け合いでストーリーを展開していく。

    私欲のためではなく、常に社会のために何をすべきかを考えて行動している点がかっこよかった。

    恥ずかしながらこれまで大河ドラマってあまり見たことなかったのですが、2021年1月〜放送される青天を衝けがめちゃくちゃ楽しみになりました!!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.12.08

  • 若手会社員@金トレ中

    若手会社員@金トレ中

    論語と算盤の漫画版です。
    論語と算盤を本屋で立ち読みした際、内容が難しそうだと思い漫画版を今回読みました。
    渋沢栄一という人間が分かりやすく描かれており1時間ほどで読み終えることができました。
    難しい漢字に振り仮名がないため分かりづらい部分が多々ありました。
    次は論語と算盤の文庫版を読んでみようと思います。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.27

  • keizoh

    keizoh

    新しい一万円札の顔となる渋沢栄一さんの生涯を描いた本。

    「論語と算盤」の本を読んでみたいと思った

    投稿日:2019.10.19

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。