よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ

石崎洋司, 西村敏雄 / 講談社の創作絵本
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
2
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ふぇありぃてぇる

    ふぇありぃてぇる

    2018年度 5月 6年生
    意外にもこのお話を知らない子供達が多かったようでした。
    サクセスストーリーというのはどんな時代のもでもわくわくするもの!
    TGさんの読み聞かせにどんどん入り込んできているの
    後ろで見ていてよく伝わってきました。
    最後に男が留守番をしていたお屋敷の主人が、3年、5年と
    帰ってこない所では、「あともうちょっと!」と前のめりになる皆の背中が
    男を応援しているのがよくわかりました。
    続きを読む

    投稿日:2018.06.28

  • いつき(4歳)

    いつき(4歳)

    ざっくりとした絵柄とお馬さんが描かれた表紙が気に入ったようで息子が自分から手にとって借りました。トントン拍子に資産が大きくなっていく展開が親としては面白かったものの、息子の反応はイマイチ。「わらしべ」も「反物」も馴染みがないから仕方ないかもしれません。もう少し年齢が上がってから再チャレンジします。(3歳5ヶ月)続きを読む

    投稿日:2018.04.04

  • てんとうむし@trd

    てんとうむし@trd

    どんなに働いても暮らしが楽にならない男が、観音様の言葉通り”最初に拾ったもの”(わらしべ)を持って旅にでます。
    道中、いろんな人に遭遇し、男の優しさは形を変えていきます。
    広島県の昔話が元で、同じ内容のお話もたくさんあるようです。

     対象:3、4歳から <日本の昔話>
    続きを読む

    投稿日:2013.07.13

  • さくら

    さくら

    私の世代は誰もが知っているだろう有名な昔話。
    でも、今の子は案外昔話を知りません。
    このおもしろいお話を是非聞かせたい。
    西村さんの絵はページいっぱいに描かれていて親しみやすい表情で子ども達への読み聞かせにぴったりです。

    巻末にもう一つ「しおふきうす」というお話が載っています。
    こちらは少ない絵でお話を楽しむようになっています。

    わらしべちょうじゃのお話だけを 味わうようにゆっくり読んで6分半くらい。
    続きを読む

    投稿日:2012.12.04

  • kokkomame

    kokkomame

    このレビューはネタバレを含みます

    日本昔話。

    1本のわらしべから、物々交換で、だんだんと良い物をもらい、最後にはお金持ちになるというもの。
    オマケで「しおふきうす」の話も載っている(3p)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.09.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。