私がずっと好きなもの 衣*食*住の宝もの

引田かおり / マイナビ出版
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 2.0
0
0
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • saki

    saki

    「しあわせのつくり方」「二人のおうち」を読んでどのような方なのかなんとなく分かったうえで、この本も読んでみた。

    食器、キッチン雑貨、家具、洋服、食べ物等
    いろいろなものが紹介されていて楽しく読めた。

    しかし著者(主に奥様?)にも得意不得意はあるようで、ただ有名なだけのようなものが紹介されていてちょっとがっかりした部分もあった。特にアパレルは他のものとはテイストが異なり「え、そこ?」という感じのものが多かった印象。

    私も自分のお気に入りを見つけてみよう、という気持ちになった。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.05

  • ふみ

    ふみ

    丁寧に暮らすとか、良いものを使う
    というのは一部の人が意識を高くしないとできない
    そんな、限られた出来事なんだろうか

    といつも疑問に思う

    ちょっと体調を崩したとき、日々の些細な悩み
    繰り返す毎日を少しでも快適に過ごすために人はなにができるんだろう

    それは広告に彩られた数百点の品物のなかから、これは これこそは というものを選ぶのはちょっと疲れる

    なんでもかんでも、これぞ自分に合う、こだわりがある
    そのくらいの気持ちがないとできないものなんだろうか
    そんなのはちょっと疲れる

    自分の身の回りにあってちょっと手を伸ばしたら
    解決するヒントがあった
    ほんとはそのくらいのものなんじゃないだろうか

    引田さんのこの本は彼女自身が暮らしのなかで出会い、大切にしてきたエピソードに溢れる。ひと、もの、こと

    全てその通りのものを選ぶ必要はない
    このなかの数点は使ってみようかなと思うし
    彼女自身のエピソードが参考になったりする。

    それは彼女自身がギャラリーのオーナーという立場からの言葉だろうから、その探究心やハイセンスさのバランスはそれだけで稀有な存在だろうけれど。

    なにより彼女の言葉は 体調の悪いとき、頑張るのに疲れたとき、心を緩めてくれる、そのくらいで良いのか、と思える。
    こんなふうにちょっとだけ楽しみを未来に据えおいて、私も信じてみようかなと思わせてくれる。

    そしてギャラリーのオーナーやキュレーターのような立場の人が実用的で優れたもの、ものづくりの技術を流布させるのにどれだけ貴重な存在であるのか、またそういったものづくりがどれほど尊く、しかし実際にはきっと身の回りに溢れていて気づかないものであるのかを改めて思う。

    もう少しだけ、こういう世界が遠くない話の社会になると良いなと思う。
    続きを読む

    投稿日:2019.06.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。