この1冊でまるごとわかる 人工知能&IoTビジネス 実践編

日経ビッグデータ / 日経BP
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • masato

    masato

    AI&IoTの技術や事例をまとめた本
    最新キーワード、動向がさくっと理解できますが、もうちょい掘り下げがほしいところです。

    最新キーワードの技術編として8個の技術が解説されています。
    人工知能、汎用人工知能、データサイエンティスト、IoT、IoT通信、VR、ロボット、ブロックチェーン

    ビジネス編としては21の事例が紹介されています。
    Amazon Go、Amazon Echo、第4次産業革命、FinTech、HRテクノロジー、AgriTech、EdTech、自動運転、シェアリングエコノミー、CDO、改正個人情報保護法、情報銀行、オープンイノベーション

    新聞にも良く取り上げられる言葉なので、大体の人はこれらのキーワードは知っているのでは?
    また、これらキーワードのより詳細を理解するために、それぞれ書籍へのリンクも用意されています。

    さらに業界・業務別ケーススタディとして
    製造IoT最先端としてGEの事例(GEが目指す未来工場、真相学習で機器は自動修復)
    営業・接客への AI活用(JINS、大丸東京店、ネスレ日本)
    勘と経験より AI予測(新生銀行、ウェザーニューズ)
    クルマデータは 異業種に商機(NTTドコモ、東京無線、富士通交通・道路データサービス)
    経営最前線 意思決定はAIで(ソフトバンク、JINS、三菱ケミカル)
    として、各社の導入活用事例が述べられています。

    やはり、AI活用となると
    業務最適化(ダウンタイム削減)
    商品提案(レコメンド、コンシェルジュ)
    未来予測(需要予測、購入予測、販売予測、売り上げ高予測、気象予測)
    コールセンター
    といったところが主なようです。

    今回の事例紹介の中で導入をやめてほしいのがJINSが開発したJINS MEME+JINS OFFICE!
    メガネ型デバイスからオフィスワーカーの集中度合いや疲労度合いが一目瞭然でわかるものです。
    誰が集中して作業しているかがわかるとコメントしていますが、誰がうとうとサボっているかもわかってしまいます(笑)

    本書の後半では、AI活用するために必要なこととしてのオープンイノベーションについての各社の取り組み事例なども盛り込まれています。
    そのなかで、イノベーションに必要なのは
    お金(Money)、アイデア(Idea)、才能(Talent)とイノベーションハブ(協働する場)といっています。
    ほかにもスタートアップでの戦い方なんかも解説しています。

    冒頭述べたとおり、本書はいっぱい事例を紹介しようとするあまり、それぞれの紹介が薄いところが残念。ただし、書籍へのリンクでそれをカバーしてくれています。

    まずは、全体を理解しておきたい、知っておきたいという方にはお勧め!
    続きを読む

    投稿日:2017.07.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。