旦那さんはアスペルガー アスペルガーと知らないで結婚したらとんでもないことになりました

野波ツナ, 宮尾益知 / コスミック出版
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • morinokazedayori

    morinokazedayori

    結婚前の微笑ましいエピソードと、結婚後のエピソードがたくさん。仕方ないこととはいえ、常識的な配慮や譲り合いが難しい相手との日々の生活は、それが自分ではどうにもならないことであるがためにさらに、相当しんどかっただろうと思う。続きを読む

    投稿日:2019.03.24

  • ひとこ

    ひとこ

    2018/10/25読了


    旦那さんはアスペルガーシリーズの、なれそめ、というか
    付き合って結婚するまで。
    既刊も読了済みなので、なぜ結婚したのかな、というところは知りたいところでした。

    「そういう性格よね」で片付いてしまう。
    たしかに、共に暮らす 生活をする となると
    付き合いとはまた違ってくるもので・・。
    続きを読む

    投稿日:2018.10.30

  • basil1127

    basil1127

    シリーズ8作目とのこと。本屋さんで見かけたので久しぶりに買ってみました。
    別居生活は今も続いているようだけど、このスタイルが合っているのでしょうね。

    さて本作はシリーズの"主人公"であるアキラさん(著者の旦那さん)が結婚前、著者と出会うところから結婚生活スタートまでを描いています。読んでいくとなるほどアキラさんタイプの人は付き合うにはなかなかいいかもと思ったりもしますが、それもアキラさん自身が苦労して獲得してきた(アキラさんなりの)ソーシャルスキルのなせる技だということがよくわかります。人柄がいいんだよね。なので屈折したり他人に恨みを抱いたりしてない。情緒の安定と他者への信頼感はやはり何より大事だなーと実感したしだい。

    ただ、基本的な特性は生活を共にするようになると違和感やズレとして顕在化してきます。著者とアキラさんの場合、当初は通い婚スタイルだったために、お子さんが生まれて同居となった時一気に問題が出てきてしまったということなのですね。

    専門医の力も借りつつ前向きに家族としてのあり方を模索している著者とアキラさんに敬意を表しつつ、次回作も楽しみにしてます。途中抜けてた分も今度読もうっと。
    続きを読む

    投稿日:2018.02.05

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。