薬が病気をつくる ~薬に頼らずに健康で長生きする方法

宇多川久美子 / あさ出版
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
6
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 辛4

    辛4

    位置NO.1092
    人は、病気になってはじめて感染を自覚するために、「感染=病気」と誤解しがちですが、菌やウイルスに感染することと病気を発症することはまったく別もの。「感染していないから病気にならない」のではなく、「免疫力が強いから感染しても病気にならない」のです。

    そうそう。

    日本人の過半数、もしかすると相当数はすでにコロナに感染している可能性が高い(発病ではなく、感染)と「コロナ自粛の大罪」に書かれていました。
    そうなってくると、感染をPCRで見つけて隔離する施策は、いたずらに感染者数増大の不安を(故意に)あおっているだけに思えます。(=実験室パンデミック)

    この本はコロナ以前に書かれたものですので。読んでよかったところを書いてみますね。(記憶を頼りに書いていますので、違ったらごめんなさい)

    症状とは、あなたの体の悲鳴です。
    その悲鳴(シグナル)を、薬で見えなくしてしまって大丈夫でしょうか。
    熱が出るのも、体が痛いのも、それは体があなたに発しているメッセージです。
    メッセージを受けとったら、いたわりましょう。休みましょう。
    最大のお医者様はあなた自身です。(薬ではありません。薬は症状を抑える(=メッセージを消す)のであって、病気を治してはくれてはいません)
    それでも、見て見ぬふりをしますか?
    続きを読む

    投稿日:2021.09.03

  • itsumi*

    itsumi*

    このレビューはネタバレを含みます

    ☆4.8

    【安易に薬に頼らない】

    私は今まで少し頭が痛くなっただけで、すぐに頭痛薬を飲んでいた。

    「薬を頻繁に飲むことは、体によくないだろうな」

    「飲み過ぎていることが、逆に頭痛を引き起こしているのかもしれない」

    と思い、薬を飲む回数を減らし、頭痛の記録をし、頭痛予防になりそうなことも色々試してみたが、長続きしなかった。

    だが、この本を読んで、薬がいかに体に悪影響を与えているかが分かった。
    頭痛薬などの市販薬を安易に飲み続けていると、

    自律神経をみだしてしまうこと、

    肝臓や他の臓器を悪くし、最悪死にいたる場合もあること、

    全身の血流が悪くなり、体温が下がり、結果、免疫力が下がってしまうこと

    こういった事実を知り、
    「本気で頭痛を治したい」
    「できるだけ薬に頼らない生活をしたい」
    と思った。

    この本を読んで、すぐに実行したいと思ったのは、

    「痛くなってもすぐに薬を飲まないこと」

    少し休んだり、ご飯を食べると痛みが治まることもあるので、痛くなったからといって、すぐに薬に手を伸ばさない。
    それでも、どうしても痛みが治まらず、辛いときは飲むことにする。

    そして、記録に残す。薬と体温の関係についても調べてみたくなったので、

    今日、薬を飲んだか飲んでいないか、
    飲んだ回数、
    体温

    を書く。

    いきなり、きっぱりと止めようとするのではなく、徐々に飲む回数を減らしていく。

    もちろん、頭痛にならないことが一番なので、食事、睡眠、運動などで、予防もしっかりしていく。

    以上のことを続けて根本的に頭痛を治し、薬を飲まない生活を手に入れ、毎日健康に楽しく暮らしたい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.08.27

  • はまだかよこ

    はまだかよこ

    薬は飲みたくないんです
    半分毒だって知ってはいるんです

    でもかかりつけ医に血圧の記録とか持って行き
    「やめます」と喧嘩
    でも医者とは対等になれずまだ飲み続けてる私
    かかりつけ医を代わると遠くへ行かなければならない

    著者は言われますよね
    「決めるのはあなた」って

    ≪ 毎食後 ため息ともに 飲む薬 ≫
    続きを読む

    投稿日:2019.10.16

  • yusanya

    yusanya

    薬剤師の著者が、なんとこのタイトル!
    読んでみると、確かに薬は要らないと考えさせられる内容。
    詳細は、健康ノートに記入

    投稿日:2019.06.26

  • hito-koto

    hito-koto

    宇多川久美子さんの「薬が病気をつくる」、2014.4発行です。「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後に薬」「免疫機能をはじめ、人体はうまくできている」「薬は異物であり毒、体内で化学反応」①傷に消毒液の間違い(免疫機能)②経皮薬も飲み薬と同じ③漢方薬も異物(副作用もある)④サプリメントは死んだ食品⑤予防接種は劇薬 「薬は身体の声にフタをする」「本当の名医は身体の中にいる」そして、「健康のコツは肩甲骨にあり」(^-^)と。両腕を前後左右上下に伸ばして手の平を返すといいそうです。かかと・つま先の上げ下げも。続きを読む

    投稿日:2017.09.13

  • umisio

    umisio

    医療界へまた新風が吹きこみました。薬を使わない薬剤師。その逆説的な売り文句の本領発揮。はじめてお父さんお母さんになられる方の医療入門書としてお勧め!

    投稿日:2014.08.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。