KAMUI―神已―

こなみ詔子 / ウィングス・コミックス
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • orangefa88

    orangefa88

    このレビューはネタバレを含みます

    初めて読んだのは20年ほど前。大人になってから改めて読んだら、あの頃感じた「ただただ悲しい」だけの物語ではないことに気付いた。
    愛情に溢れているのに伝わらなくて、失ってから感じる切なさ。
    号泣ってこういうことを言うんだろうなと、読んだ後もしばらく涙が止まらなくなってしまいます。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.01.08

  • team-ida

    team-ida

    【005】です。
    マーガレットで「あねさんは委員長」の連載終了からこの「KAMUI―神已」へ新連載になったときの絵柄の変わり様に中学生の私は衝撃 !!!!やった。

    この作品のテーマにぴったりやなと今はそう思えるんだけど、あの頃はなかなかこの変化についていけなかったのを思い出すなぁ。
    「あねさんは委員長」連載後半の絵柄が好きだっただけに・・・。
    そういう意味でも思い出のある作品。
    私の中でこの頃がこなみ詔子の絶頂期。


    両親を飛行機事故で亡くした八坂 弘。
    彼は父の古くからの友人だという小川家で世話になることにする。
    ところが、そこで会った同い年の小川家の息子「神已」は弘の死んだ母親に瓜二つ。
    弘が驚いた瞬間、突然気配もなく窓ガラスが割れた。
    神已は言う。
    「"神已"はあんたじゃないか…!」

    おもしろいストーリーと巻数は比例しないなぁって思える作品。
    続きを読む

    投稿日:2009.07.04

  • 空也

    空也

    初めて読んだこなみ詔子の漫画。
    結構衝撃的でした。
    今から見れば、絵も荒いんだけど、当時は
    「こんなに最小限の線で、こんなに綺麗な絵が描けるんだ…!」と
    とても感動した覚えがあります。
    一生懸命生きているだけなのに、どうして幸せになれないのか、
    すごく切なくなりながら読みました。
    登場人物、誰も悪くないのに、全員悲しいんだもん。
    そして、同じ人が「おかあさんは刑事」とか「あねさんは委員長」を
    描いていることに、更なる衝撃を受けたのでした。
    続きを読む

    投稿日:2008.08.14

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。